散るろぐ

こころふるえる感情メディア

15年まえに買ったecco(エコー)の靴。まだ履いてるよ

僕にとっての、靴に関するもっとも古い記憶は、先の尖った靴だった。見るからに硬そうで鋭く尖ったその靴は、まるでカブトムシの背中みたいにツヤツヤして、お金の匂いを強くまとっていた。僕はリーガルショップのショーウインドに鼻をくっつけて、飽きることなくそれを眺めていた。

小学生の僕はズックを履いていた。紐じゃなくマジックテープではけるそれは、サイズが大きすぎてブカブカだった。僕はその靴を小学生の6年間ずっとはいていた。理由は様々だけど、ひとつだけ言えるのは、貧しい家庭に育つと、自分がなぜ貧しいのか知る術がないってことだ。

中学生になり、バスケットボール部に入った僕は、初めて靴らしい靴を手に入れた。それがバスケットシューズだった。

新品のバスケットシューズは、カカトに衝撃を吸収する新素材を埋め込まれていて、夢のように軽い履き心地だった。ハイカットデザインが足首をやさしく包み、幾何学模様のソールがキュキュッと小気味よい音を鳴らした。僕はそのシューズで飽きることなく体育館を走り回った。

しかし、幸せは長く続かなかった。荒れていた中学校にありがちなことで、バッシュが盗まれてしまったのだ。そして僕の手元には、靴底から取り出していたアルファーゲルだけが残った。

高校生になると、僕は黒いローファーを履いていた。カカトを潰されて黒いスリッパと化したそのローファーは、3年間も酷使された挙句、川に投げ込まれた。いや、僕が投げ込んだ。

文化がない、教養がないとは、つまりそういう事だったのかもしれない。


今の僕は、靴を大切に履いている。15年前に買ったeccoというメーカーの紐靴だ。値段は1万3000円くらいだった。革製だから、ときどき磨きながら履いている。残念なことに、eccoは、この靴を買った数ヶ月後に日本から撤退してしまった。

その当時、買うには輸入するしかないと言われてあきらめた。


その後、インターネットでメーカーがどうなったのか調べてみたら、あった。今はインターネットで買えるらしい。

エコー・ジャパン 公式オンラインストア | ECCO JAPAN

eccoさん。15年まえに日本で販売した靴、まだ履いてる人がいます。

f:id:cild:20150622132736j:plain

f:id:cild:20150622132753j:plain

今では、すっかり靴好きになって、ヒマさえあれば靴にブラシをかけている。

f:id:cild:20171119140738j:plain

向かって左が、ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)のティミンズというモデル。右はエコー(ECCO)のローファー。

f:id:cild:20171119140756j:plain

こっちは、BIRKENSTOCKのハバナというモデル。

革靴っていいよ。