散るろぐ

こころふるえる感情メディア

どうして人を殺してはいけないの?と真顔で質問する僕の頭の中

まず、この質問をしないひとから考えます。

人を殺さないのが自分の利益と考える人は、この質問をしません。なぜなら、生きることに価値を見出しているからです。殺すというのは、生きる価値を無にする行為ですから、人の価値を無にする行為に、そもそも疑問を持ちません。

また、積極的に人を殺したいと考える人もこの質問をしません。それは疑問ではなく確信だからです。殺したくなる理由を持っているからです。

「人を殺して何の得があるんだ?」

この考えを持ってる人が「どうして人を殺したらいけないの?」という質問をします。

なぜなら、「人を殺さない=他人の利益」という図式が頭にあるからです。

自分に生きる価値を認めていなければ、他人に対しても生きる価値を見いだせません。自分にも他人にも興味が無い。ゆえに、人間、社会という記号化されたモノサシで測ろうとします。自分も含めてぜんぶ他人事です。

この質問をするひとは、自分の生きる価値を持っていない、残念な僕なのです。