散るろぐ

僕のすべてを伝えたい。心ゆさぶる感情メディア

言うことがコロコロ変わると信用を落とす

「嫌いなブログランキング」っていうのを、さっき書き上げたんだけど、これは、さすがの僕も投稿ボタンを押すのを躊躇してしまった。なんでこれが面白いと思ったんだろう…。

やっぱ、コンテンツは自分で勝負しなきゃ。

一部の人が 、…いや、大部分の人が、僕の主張に一貫性がないと思っているかもしれない。

その証拠に、ちかごろ僕のブログに来てくれるひと減っちゃってる。やっぱ自由奔放に書いてるから、どれかの記事で「もう見るのやーめた」ってなちゃうんだよね。せっかく読者になってくれても主張に一貫性がないから見限るんだよ。


http://www.flickr.com/photos/64079908@N00/293277608
photo by topher76

自由でいるのは孤独

わかってるんだ。でも、正直なところ、どうにでもなれって思ってる。僕はドラマーだから。ドラムを叩くだけなんだ。

主張に一貫性のある人間は退屈なドラムをたたくって聞いたことある?

僕がまだ子供のころ有名なツイッタラーがそう言ってたんだ。そのとき僕は誓った。大人になっても退屈なドラムはやらならない、僕はジャズをやるんだって。

僕もいつか死んじゃうんだ。100年経ったらみんないなくなる。わかってるけど悲しいよ。交通事故。病気。戦争。紛争─。

毎日そんなニュースが流れてくるよ。

太ってしまったパートナー

僕には彼女がいるんだけど、 むかしは痩せてたのに今は、ぽんぽこりんになってる。毛布にくるまって寝てると、本物のアザラシに見える。その寝顔を見ながら、まんまるになったお腹を、ぽんぽんするよ。そこにあるのを確かめるように。

だけど、いつかは失われる。この曖昧な世界で、確かなことは、みんないつかは居なくなるってことなんだ。叫び出したいよ。頭の芯がぶるぶる震えるよ。

僕は、ひとを愛しすぎるのかもしれない。とても良い人間なんだ。だから、ちょっと辻褄が合わなくても、優しくしてほしい。大目に見てほしい。

それが僕の、たったひとつの望みなんだ。