散るろぐ

僕のすべてを伝えたい。心ゆさぶる感情メディア

中小企業の8割は低賃金の差額で正社員の給料を払っている。


こんちは。ライターのチルドです。

みんな仕事してるかな。僕も頑張ってるよ。仕事中だけどブログ書いてるよ。

仕事中にブログってのも不謹慎だけど、僕がのんびりブログ書けるのも、パートさんのおかげなんだよ。彼女たちは本当によく働いてくれる。

ウチは、正社員5人と30人のパートさんで回してるんだけど、社員より、フルタイムの勤務経験がある40〜50代のパートさんの方が明らかに仕事ができるんだよね。

つまり、安い時給で優秀なパートさんを働かせる。そこにどんどん仕事を放り込んで利益を出しているんだ。


雇用形態の格差

僕はむかしから、この雇用形態の格差に着目してきた。ずる賢く生きてきたんだよ。時給で働くと損するから、いつも正社員で働くようにしていた。

ウチでは、パートさんたちの場合は、仕事が終わらないと帰れないようにしてる。そして終わったらすぐに帰らせるようにする。

すると、余分な人件費を払わなくてすむ。

当たり前に聞こえるけど、これは恐ろしいことだよ。もしも同じ理屈を社員に適用したら人件費の3割はカットできてしまうからね。

そもそも末端のパートさんの仕事が半分で終わるなんて、社長なり社員なりの営業力がないせいなんだよ。

そのマイナスを全部パートさんに負わせたあげく、自分たちは時間つぶして給料もらってるんだ。


同一労働同一賃金

仕事のIT化が進んで、中小企業の仕事に特別なことなんてなくなった。8割は慣れれば誰にでもできる仕事になった。

つまり、正社員もパートもやることは一緒。

だから同一労働同一賃金なんて話も出てくるんだろうね。

それに仕事が特別にデキる人なんて、100人のうちに1人いたらいい。あとの99人は似たりよったりなんだよ。

実のところ僕の仕事ぶりは褒められらもんじゃない。文句言われたら腹が立つから、意識的にクオリティを下げてるんだ。

その点でもパートさんは優れているよ。僕みたいにひねくれた人はいない。


罪の意識

いっぽうで、僕だって善良なおじさんだから、正社員だって大変なんだ、こっちだっていろいろ大変なんだよって主張したい。

自己の正当化ってやつ。

だけど僕はパートさんとチェンジするなんて出来ない。つまりそーゆーことなんだ…。


差額の行方

仕事に特別なスキルが要らなくなったってことは、誰がやっても同じってことなんだよ。つまり、最初の雇用契約がすべて。

そして、パートさんの生み出した利益を買い叩いて、その差額を、経営者や正社員がポケットに入れている。

誰がやっても同じなら、みんな一律の時給でいいはずだからね。そのあとで、勤続年数なり、個人の能力なりを加味していけばいい。

そうしないと、今ある雇用のさまざまな問題は解決しない。