散るろぐ

こころふるえる感情メディア

ラーメンに小麦が感じられない

2008年でしょうか。

ラーメンが一斉に値上げされました。地方に住んでいると、それが全国的なのか、それともここだけの話しなのか、分かりかねました。

ただ、ひとつだけ確かなことは、麺から小麦の香りが消えた、ということです。

あつあつの麺をすすり、噛みしめた瞬間に感じられる、あの芳醇な小麦の香り。命の貴さと食への感謝しかなくなる、濃密な体験。小麦の持つ永遠の輝き。小麦しか持ちえない妖しい魔力。

すべては、失われてしまいました。


f:id:cild:20151008111633p:plain
ぱくたそ


スープは同じです。スープはまったく変わりません。むしろ美味しくなっています。

ですが、麺なのです。

ラーメンは麺なのです。強い熱気がもうもうと立ち昇る釜から、ザンっと小気味よく湯切りされ、そして中心部に熱を内包した固麺。

上質なグルテンの歓喜と、麺にまとわりつく濃密な小麦の余韻。「これだ」と心の内で喝采を送る至福。一心不乱に吸いこむ小麦。小麦を本能が欲している。

おお…我に小麦を…


ラーメン。ラーメンとは人体と小麦の同化。スープはそのためのカタパルト。小麦よ。どこへ行った?戻ってきてくれ。あの快楽を忘れられない。

見せかけの小麦に心を売って、偽りの小麦で自分を欺くのはもうイヤだ。本物の小麦が欲しい。一片の曇もない、純粋な小麦だけが、穢れた魂を救ってくれる。

小麦だ。小麦が違う。ちがうぞ。

明らかに違う。もっともっと、香り立ってくれ。ギュッと噛みしめて爆ぜる、固く茹で上げた麺。あらんかぎりの小麦をぶち込んでくれ。

スープもいらない。どんぶりもいらない。箸もいらない。

麺。麺。麺。

そして小麦。

あの過ぎ去りし日に、いっぱいに頬ばった大量の麺を、もう一度だけかぶりつかせてくれ。あの食感と、小麦が鼻に突き抜ける爆発。

この身などどうでもよい。小麦を撒き散らして粉塵爆発しても構わない。


小麦を…小麦をもっと。

おおお