散るろぐ

こころふるえる感情メディア

諦めるのは早すぎる


まずいよ。誰が味方かわかんない…。

自分がちょっとブックマークするのにも遠慮してしまうし、ブックマークどころか、スターをつけるのにも尻込みしてしまう。


マジにピンチなんだ…


今まで好意的だったアイコンまで、こっちを睨んでるような気がするんだよ。

だが、ちょっと待てよ。

今、僕、なんて言った?

「ピンチ」という単語でピンと来た。

そうだ。あれはたしか、場末(WordPress)の自己啓発ブログに書いてあった言葉だ。




ピンチは最大のチャンス!




これだ。

ヒストリーだよ。

人類の歴史をひも解けば、名を残す偉人は、すべからくピンチに直面している。そしてチャンスに変えている。つまり、ピンチはチャンスの道しるべ。僕はただその轍(わだち)を歩けばいい。


ざわ…ざわ…


これぞ王道…!


ピンチをチャンスに変えたとき、また新しい歴史が始まるよ。

たしかに、今はどのアイコンが味方か分からない。暗中模索ってやつだ。が、しかし、ブックマークされない訳じゃないんだよ。

そうなんだ。ブクマされない訳ではないんだ。

そもそも、僕の記事に良質なブックマークなんて数えるほどだったじゃないか。ほとんど否定的なコメントばかりだった。つまり、否定的なブックマークによって、今の僕は現在のポジションに立っている。


こう考えるんだ。


次のステージに進んだと。ハードルが上がっただけだと。ちょいとばかりゲヱムの難易度が上がっただけなんだと。

むしろ、これだけの不快感を撒き散らし、泥まみれになったブログに、インチキなブクマなんて付くわけがない。


ざわ…ざわ…

チートではない証明!


これからの歴史こそ真実なんだ。役者に例えるなら、今までが十代の可愛らしさについたブックマーク。そしてこれからは、役者として、ライターとしての本質を求められるブックマークなんだよ。

すなわち、よっぽど迫真に迫るクオリティでなければ、賞賛は得られない。


そうなんだよ。

安西先生も言っていたじゃないか。

諦めたらそこで試合終了ですよって。


僕がピンチを脱するには、何はなくとも、ブックマークをもらうしかない。それも、とてつもなく高価なブックマークだ。

それに、自分の過去記事を読み返していたら、こんなエントリーがあった。



俺はチャンピオンになりたい。トップが見たい。だからそれが分かっていないブロガーには厳しく言いたい。墓穴掘っても、掘り抜けたらいい。壁があったら殴って壊す。道がなければ作ればいい。出る杭が打たれるなら出過ぎてしまえば打たれへん。 やっぱり最後は個の力。ブログを書くのは人やから。


良いこと言ってるw

我ながら笑ってしまった。そうなんだよ。

あのころ、月間、300PVとかだったんだよ…。

だけど、志しだけは誰よりも高かった。

それに、良いブログもずいぶん消えちゃった…。

僕はがんばる。数々の英霊の魂を胸に、無回転ブログを打ち続けるんや。



🐣