散るろぐ

こころふるえる感情メディア

ブログなんて所詮は素人の遊び

─とても落ち込んでいる。

先日、とある大手のメディアサービスから、寄稿のオファーをもらった。とうとう僕の実力が評価されるんだ、僕もライターにデビューするんだ、とか思って、二つ返事で引き受けた。

ぜんぜんダメだった…。

泣きたい─

どうダメなのか、説明するのはとても難しいけれど、個人のブログレベルで、ちょっと褒められる程度では、ちゃんとしたことなんて書けないんだよ。

みんなも気をつけた方がいいよ。

ブログでいくらPVを集めたところで、いくら稼いだからって、それは文章が素晴らしいってことじゃない。

とくに、はてなブログなんてぬるい。

どうでもいい日常の雑感を、ダラダラと垂れ流して、それにスターだのブクマだの、せっせとつけ合って、身内で褒めあっている。

ブログなんざ、所詮は素人のお遊びなんだよ。

それがたまたま、お小遣い程度のお金になってしまうから、勘違いしてしまうんだ。それは、いまの時代に、たまたま合っているからに過ぎない。

だから「ちゃんとした記事を書いてください」って言われたら、チワワのように、おしっこを漏らしてしまう。

それがブロガーの正体だ。



ちくしょう。