散るろぐ

僕のすべてを伝えたい。心ゆさぶる感情メディア

働かないと死ぬ病

人はなぜ働くのでしょう。

生活のため、子供のため、家族のため、老後資金を貯めるため…みんなそれぞれの目的を持って働いています。

しかし、日本では、遊ぶお金欲しさに仕事をしてる人ってあまりいませんよね。

その証拠に、東南アジアのリゾート地へ行くと、長期のバカンスに来ているのは、ほとんどがヨーロッパ圏の西洋人ばかりです。

これはやはり、国民性というか、文化の違いなのでしょう。日本人は働くのが習慣になってしまっていますから、会社員で1ヶ月も休んでいると席が無くなってしまいます。

たとえ会社が長期休暇を認めていても、周りが許してくれません。「君が遊んでいる穴埋めを誰がするんだ!」 という感じです。

働かないと死ぬ病

翻って、自分はどうなんだという話です。僕はいったい何のために働いているんだと。若いころは、遊ぶため、人生を豊かにするために働いていました。

ところが、日本の悪しき労働習慣に、僕の心は徐々に蝕まれていきました。仕事を休んだら、みんなに迷惑をかける、遊びのために休んだら社会から抹殺される…。僕はいつしか、そんな強迫観念にとらわれるようになりました。

オンとオフの切り替えが壊れる

仕事とは、基本的にストレスがかかるものです。しかし、そのストレスが常態化してしまうと、今度は、適度にストレスを維持しないと保ちません。

つまり、たまに休日(予定なし)になると、ストレスがゼロになり、ストレス欠乏症になってしまいます。

すると、体中のスイッチまで切れて、廃人同然となります。もう、ベッドから起き上がるのも困難となり、病人のようにこんこんと眠ってしまうんですよ。

そして、今まさに、戦いは始まろうとしています。来たるべき、年末年始に、超ド級のストレスゼロ耐久合宿が待ち受けています。

果たして僕は耐えられるでしょうか。そして再びベッドから起き上がれるのでしょうか。

ご期待ください。