散るろぐ

こころふるえる感情メディア

初日の出があまりにも悲惨だった

こんちは。ライターのチルドです。

僕が初めて「初日の出」を見たのは10歳のときでした。その体験があまりにも悲惨だったので、書こうと思います。

僕は小学校のとき、サッカー部に入っていたんですが、年末の練習が終わったあとに、カントクが初日の出を見に行くメンバーを募ってたんです。

聞いたら、集合場所が家の近所だったので、僕も手を上げました。カントクと、6年生が7人、4年生は僕ひとりでした。


f:id:cild:20151227140508p:plain

元旦の朝

僕は、元旦の朝、5時の時計のベルで起きて、着替えて出かけました。

集合場所には、もう6年生が4〜5来ていました。でも、なぜか、みんなサッカーのスパイクをはいて、水筒を持っていたりするんですよ。

その時は、このあと練習でもするのかなと思っていました。

そしたらキャプテンが、お前それで大丈夫かって言うんです。何が大丈夫なのか分からなかったんですが、とくに眠くなかったので、僕は大丈夫ですと答えました。

そして、5時半には、みんな揃っていました。あとはカントクだけなんですけど、5時半を過ぎても来ないんです。みんな、ちょっと心配そうにしてたんですけど、すぐ車の音が聞こえてきました。

カントクは、自家用車のセダンでやって来ました。でも、この人数だと、どう見てもみんな乗れないんですよ。

僕は、どうするんだろうと思っていたら、カントクが車から降りてきました。で、みんな揃ってるかー、って聞いて、じゃあ行くぞって歩き始めたんです。

僕は、え?車こっちなんだけど…って思ったんですが、みんなカントクに着いて行くから、僕もあわてて後を追いました。

登山開始

もう分かったと思うんですが、これ、初日の出を見るっていうより、登山だったんです。なのに僕は、半袖短パン姿に、学校の上履きみたいな紐のないクツなんです。

それでも、最初は大丈夫でした。でも、進むにつれて、道がどんどん悪くなって行きました。アスファルトの道から砂利道へ─。コンクリートの階段から木の階段へ─。

5分も歩いたら、もう完全に山道です。大っきい石や、小さい石が散らばってる、完璧なけもの道ですよ。

しかも、まだ暗いんです。6時だから真っ暗ではないんですが、夜ですよ。夜の山道に、みんなの足音と、荒い息遣いだけが聞こえています。

僕は途中で、うわぁ、もうムリ、帰りたいって、心で泣きながら、必死で着いて行きました。ひとりで帰れないから、もう着いていくしかなかったんです。

しかも、だんだん進むスピードが上がってるんです。僕が小走りになるくらいの速度でぐんぐん登って行くんですよ。

たぶん、カントクは遅刻したから、時間に間に合わずに初日の出を見逃しちゃいけないと思ってペースを上げたんです。容赦なく速度をあげていくんです。

ちょ、待てよ、こっちは10歳の子供だぞって、泣きながらカントクを呪いました。でも、こんな山道に置き去りにされたらヤバイから、過酷なペースに必死で着いて行きました。

足もとは、石がゴロゴロしてるので、何度も転びそうになって、足はパンパン、スネは木の枝で傷だらけ、足の裏には激痛が走ってました。

たぶん、距離はそんなになかったんです。でも大人の山登りペースは、10歳の子供にはヒド過ぎました。

山頂到着

地獄のような30分が過ぎて、やっと頂上につきました。そこで、初日の出を見ました。

カントクは一人ではしゃいでましたけど、僕はもうそれどころじゃなかったですね…。6年生もけっこう疲れ切ってました。

しかも、その後、僕はお腹が痛くなって、トイレじゃないところで、う○こするハメになりました。あれって草がグサグサ突き刺さるんですよ…。当然、紙も無いので、クツ下で拭くしかありませんでした。

そしてまた、来た道をヒイヒイ言いながら下っていきました。もともと半袖短パンだったのに、さらに素足で山道を下りるんですよ。しかも元旦って、いっても冬ですからね。これ、どう見ても虐待です。

山道からアスファルトの道になったときは、リアルに、助かった…って思いました。

回想

まー、ちゃんと確認してから、行くかどうか決めればよかったんですが、10歳の僕には、まだ、そこまでの知恵もありませんでした。

それに、途中からサッカー部に入ったので、このイベントが山登りって知らなかったのは、僕だけだったんです。

それでも良い経験だったのかも知れません。人生で初めて必死になった出来事でしたからね。



初日の出があまりにも悲惨だった…という話でした。