散るろぐ

僕のすべてを伝えたい。心ゆさぶる感情メディア

痴漢されない女子の特徴

先日、痴漢被害に苦しむ女子高生が、痴漢を未然に防ぐ方法を発案し、それが素晴らしいアイデアだと各所で大きく取り上げられ、話題となりました。

犯人を捕まえるのは怖いし、恥ずかしい。「やめてください」と声をあげても逆ギレされるかもしれない。痴漢されてから声をあげるのではなく、痴漢行為を未然に防ぎたい。そんな思いから、高校2年生の女子が母と一緒に痴漢抑止バッジを考案した。バッジをつけて通学するようになってから、それまで毎日のようにあった痴漢被害がぴたりと止まったという。

痴漢に対し、バッジを貼って、あえて先手を打っていくアグレッシブなスタイルです。わたしも、その手があったかと、ポンと膝を打つ思いでした。

ところが、世の中には、この女子高校生のように、しょっちゅう痴漢に遭ってしまう女子と、ぜんぜん痴漢されない女子がいるのも、また事実なのです。

そこで今回は逆に「痴漢に遭わない女子」の特徴と、その理由について考えていきたいと思います。



身体が大きい女子

痴漢は基本的に弱者を狙う傾向にあります。なので、体格が大きくて強そうな女子は狙われにくいでしょう。目安としては、体重が70kg、身長170cmあれば、痴漢は逆に取り押さえられる危険があるので近付いていけません。

やはり、小柄な女子は狙われやすいでしょう。痴漢は、抵抗されても容易く逃げられると思い、より大胆になる可能性があります。


派手な髪型

痴漢をやる男性は、そもそも臆病な人間です。そこで、触ろうと狙う女子の容姿が男性的であったり、スポーツ刈りのような短髪であれば、好戦的な雰囲気を感じて近づいてはいけません。

一方、黒髪ストレートで可憐な印象だったり、サラサラヘアーで前髪を綺麗に切り揃えていたりすると、真面目な印象を与えてしまい、狙われる危険が高くなります。


ズボンの着用

痴漢は、あわよくば素肌に直接触れようとたくらんでいます。そんなとき、短いスカートを履いていると危険です。混雑している電車の中では、カンタンに背後へ接近し、スカートを捲りあげて、直に触れられるからです。

一方、ズボンを着用していれば、その先へは進めません。このことから、痴漢されない女子ズボンを着用していることが多いのです。


雰囲気

痴漢がターゲットを選ぶとき、その基準は、やはり大人しいかどうです。見るからに真面目で控えめなイメージであると、痴漢に遭うリスクは跳ね上がるでしょう。

逆に、日焼けして活発な雰囲気があれば、痴漢は躊躇してしまいます。つまり、痴漢に遭わない女子は、行動力が高そうに見えるのです。


所持品の趣味

痴漢は、常にいろいろなところを見ています。そこで、スマホカバーが地味な女子は、大人しいと判断され、狙われる可能性が高くなります。

一方、痴漢されない女子は、わりと明るい色のスマホカバーを持っています。痴漢は、すぐに騒ぎそうな女子は、はじめから狙いません。


メイクの仕方

女性のメイクは、その人の人柄と経験が現れています。メイクが薄い、もしくはすっぴんの女子は、社会経験が浅く、痴漢も狙いやすくなります。

逆に、しっかりメイクしていると、それだけ世慣れている可能性も高く、痴漢に対しても臆することなく反撃してくる可能性があり、痴漢されなくなります。


痴漢まとめ

痴漢されない女子の特徴という話題でしたが、いかがだったでしょうか。

やはり痴漢は、抵抗できなそうな女子を狙っているんですよ。そこで、狙われやすいのは、年齢や容姿より、ズボンやスカートによる服装が大きく関係していると考えられます。

繰り返しますが、痴漢は卑劣極まりない行為です。その自覚がある痴漢に限って、無差別ではなく、しっかりターゲットを絞っているのでしょう。

満員電車などでは、まだ痴漢の被害が多いと聞きます。痴漢されない女子の特徴を参考に、自衛して頂きたいと思います。