散るろぐ

こころふるえる感情メディア

会社を辞めてはいけない理由

たまには仕事の話をしようか。

みんなは「退職金」って知ってるかな。会社に長く勤めているともらえるお金だよ。その額はときとして数千万円にのぼる幻のビックマネーだ。

ところで、僕たちが暮らすインターネットには、「会社を辞めると幸福になる」という伝説がいたるところにある。この世界に来たら、一度は必ず目にする新興宗教の看板だ。

ネット宗教と退職金

f:id:cild:20160218113410p:plain
勘の良いひとは、もう気がついたと思うけど、会社を辞めてしまうと退職金はもらえない。もちろん今は、昔みたいな終身雇用じゃないから、退職金も盤石ではない。

かと言って、退職金が無くなるのかと言えばそうじゃない。

ちなみに公務員の退職金は2,000万円オーバーだ。大卒の平均的な退職金も同じくらい。入社のハードルが高い企業になれば、当然ながらその額はさらに太くなる。

ところが「会社を辞めると幸福になる教」に入信してしまうと、それは全部パーになる。お金の大小が幸福の尺度になるかは、人それぞれだけど、数千万の退職金は確実に失うことになる。

僕の見た現実

僕は正社員だから退職金はもらえる。だけど、35歳から勤めた小さい会社だから、定年まで働いたとしても、300万弱しかもらえない。

それでも、アルバイトや派遣社員はゼロなんだから、マシだと思わなきゃならない。「会社を辞めると幸福になる教」の信者よりも。

うちの近所の会社に勤めている事務のおばちゃんは、来年、退職金が1,000万円転がり込んでくる。

従業員200人前後だから、田舎では大きい会社だけど、特別すごくなんてない。やってる仕事も単純な事務だよ。

そこで漫然と働いていた事務のおばちゃんが、1,000万円もらえる。それが退職金の圧倒的ポテンシャルなんだ。

安易に辞めるまえに

インターネットには、会社を辞めると幸福になるとか、社畜、ブラック、スキルアップ、なんて、会社を辞めたくなったとき、背中を押してくる、甘い誘惑に溢れている。

もちろん、本当に辞めた方がいい会社もある。どんなに退職金が良くても、病気になってまで働くのは間違っていると思う。

だが、ちょっと待ってほしい。

もしも今、仕事がキツかったとしても、安易に辞めるまえに、退職金を計算した方がよくないかな。

長く続いた企業って、そう簡単に潰れるもんじゃない。不確かな未来に舵をきるまえに、立ち止まって考えてみてよ。

嘘だらけの世の中で、退職金は、起業で一発当てるより、はるかに確率がいい。

そして、人が老いるのは、思ったよりずっと早い。