散るろぐ

こころふるえる感情メディア

杖をついた老人が奇跡の走り


きのう道路に出ましたよ。

車道に飛び出してくる老人です。

僕の1台先を走っていた車の前を、初老の男が走って横切って行きました。完全にあわやというタイミングでしたよ。

こっちは時速50キロ前後で走っていたのですが、前の車が気づいて減速しなかったら、軽くはね飛ばしていたでしょう。

僕は「危ないなー」と思いつつ、その老人に視線を向けたのですが、そこには驚愕の光景がありました。

なんと、その老人は杖を持っていたんです。

右手から車道を横切って左手の歩道を歩いていたんですが、手に杖を持ってるんですよ。いや、「傘だろ?」と思って、何度も見直したんですが、明らかに杖でした。

わかりますか?

さっき走っていた人が杖を持ってるんですよ。杖って、歩行が不自由な方のための補助具じゃありませんでしたっけ?


f:id:cild:20160229155304p:plain

暴かれた真実

ひとまず落ち着きましょう。たとえ足が悪くても、あせって走ることはあるかもしれません。車にひかれたら一撃ですからね。目測を誤ったのに気づいて、あわてて走ること、あるかもしれません。

しかし、老人は、走った後もふつうに歩いていました。息も切らさず、杖を地面にもつけず、ぶらぶらさせながら、ゆうゆうと歩いています。まったく問題なくね。

つまり、その老人にとって杖はポーズだったんです。

からだに不自由が無いのに、場合によっては弱者を装っている。弱っているフリをして、他人の特別な配慮や親切心を引き出そうとしているんですよ。

僕は、今にも車を止めて、老人の杖をとりあげ、激しく打ちすえてやりたい衝動にかられました。

そこに深い闇を見てしまったからです。

人って歳を重ねると、あんなに小狡くなるものでしょうか。あんな人がいると、本当にからだの不自由な人まで、迷惑をこうむるかもしれません。

どうにかしたいものです。