散るろぐ

こころふるえる感情メディア

ブログがつまらなくなった理由


最近みんな、ブログをあんまり、読まなくなったよね。

僕もそうなんだよ。どうも読む気にならなくて。

理由は、ひとつではないけれど、大きな流れとして、ブログの目的が、お金になってしまったからだと思う。

お金自体は良いんだよ。

つまらなくなったのは、SEOサイトがコミュニティーになって、その中で完結していることなんだ。

コミュニティーでは、それぞれが日々、ブログを更新する。だけど、それは、記事ではなく商品紹介。ブログではなくチラシなんだよ。

良いチラシですね─
チラシ作りの参考になります─
シェアされそうなネタですね─

もて囃されるのは、検索で上位表示されるノウハウと、儲かるチラシの作り方。

ブログが失ったもの

ブログって、無名の個人が、それぞれの生き方、それぞれの属性から見える世界を、その人の言葉で書くことだったんだよね。

人間の考え方って、多種多様な形を持ってるから、いくら見てても飽きない。自分とは違う視点、自分とは違う発想、そのどれか、もしくは全部を満たしてくれる。それがブログだった。

たとえばこんな記事。

はてなブログの四番バッター、らくからちゃさんの記事だよ。

良いよね。

思い切り振り抜いたバットが、物事の本質の芯を喰って、スタジアムに綺麗な放物線を描くんだ。

生きてるって感じ。最高だよ。

そして、こっちが最近の決勝点。

たしかに「女騎士、経理になる」は、秀逸なネタだと思う。でも、それはあくまで、簿記をわかっている人にウケるネタなんじゃないかな。

マンガになって、簿記を知らない人に、興味を持ってもらうキッカケにはなるけど、役に立つというより、なんとなく理解して、わかった気分になるだけというか…。

つまりエンタメなんだよ。

エンタメで良いじゃない?と言えば、それまでだけど、それが四番のスイングなのかな。

たとえ打てなくてもいい。

僕は四番の送りバントなんか見たくないんだ。

良い記事と、儲かるチラシは違う。

その事実を、はてなブログの四番が証明してしまった。儲かるのは、ブログではなく、良いチラシなんだと証明してしまったんだよ。

それが僕にはとても悲しい。

華麗な送りバントで、三塁ランナーは見事に生還。その一点が決勝点になって、試合はサヨナラ勝ち。フォロワーから手荒い祝福を受け、胴上げされて、宙を舞う、らくからちゃ。

みんなが手を叩く歓喜の渦の中、僕だけは少し泣いている。


ブログはつまらなくなった。