散るろぐ

こころふるえる感情メディア

資格をとるだけの人は中身がゼロなのです

こんちは。チルドです。

このまえ僕は、資格を取ったと書いたよね。「日商簿記検定の2級を持っている」と、ブログに書いたんだよ。それはなぜかと言うと、コメントで辛辣なことを言われたからなんだ。

僕はそんなにバカじゃない。

それを読者のみんなにわかってほしくて、ブログの恥は書き捨てとばかりに書きまくったんだよ。アンポンタンじゃないってことを証明したかったんだ。

でも、それは間違いだった。

なぜなら僕は、この資格を、なーんの役にも立てていないからだよ。それどころか、内容のほとんどを忘れてしまっている。実務経験もなくて、忘れてしまった資格なんて、あえて公開することになんの意味があるだろう。

資格の勉強で得た知識なんて、使わなければあっというまにメルトダウンする。氷を打っていない鯖がすぐに腐ってしまうようにね。

つまり、資格を取ることはスタート地点に立つだけで、そこから走り出さなきゃなんの意味もないんだ。

僕には、その先に明確なビジョンがなかった。

今になって冷静に振り返ってみると、「わぁーい、合格したよ」なんて、無邪気に喜んで、あわよくば他人にひけらかしたかっただけなんだ。

虚栄心を満たしたいがために、時間をかけてドヤ顔を作っていた。中身は空っぽのままでね…。

目指すのは実利

f:id:cild:20160323120955p:plain

資格そのものは否定しないよ。ただ、それは手段であって目的じゃない。

僕らは「目先の利益にこだわらない」というキレイなお題目に、逆に踊らされている。中身のある人はむしろ、目先の利益をおろそかにしないことで、すぐに行動が出来ている。

僕は記憶力が良くないから、2級をとるのに、8ヶ月くらいかかった。でも、その時間は役に立っていないし、今後も役に立たないよ。

どうせ同じ時間を使うなら、銀行の金利でも調べておけば良かったと思う。それにゼロからスタートするなら、資格なんかじゃなく、アフィリエイトをやった方がマシだった。

資格に8ヶ月で300時間かかったとするよね。

これをアフィリエイトに置き換えれば、1ページに5時間かけても、60ページ作れるんだよ。ひとつのテーマで60ページはかなりのボリュームになる。

僕がいくらアンポンタンでも、それだけあれば、毎月1〜2万円を産むコンテンツにはなるよ。1〜2万円といっても、1年にしたら10万円以上だからバカにできない。

そこから走り出すことだって、出来たハズなんだ。

目先の利益を出す

たまに資格をいっぱい持ってるひとがいるけど、それは知っているだけで役に立ってないよ。

つまり、中身はゼロのままなんだ。

それを使ってお金を産み出せなきゃなんの意味もない。そういえば、ずっとまえに堀江貴文さんが「資格がなけりゃ出来ない仕事ならともかく、判れば出来ることなら、そのとき本見ればいいじゃん」って言っていた。

その通りだと思う。

中途半端に資格を学ぶより、目先の利益でもいいから結果を出していくことが、今の時代に僕らがやるべきことなんだよ。

それは今からでも、ぜんぜん遅くない。