散るろぐ

こころふるえる感情メディア

誰かが必死になっている姿は楽しい

みなさん、どんなスポーツが好きですか?

僕は、サッカーと野球、それからバスケットボールが好きです。サッカーでは、やはり、本田圭佑選手のファンですね。彼の個性と、勝利に対する貪欲なプレーには、いつも胸が熱くなります。

いっぽうで、もしも選手たちが、ダラダラとプレーしていたらどうでしょう。緊張感のまったくない試合なんてつまらないですよね。

つまり、みなさんは、必死にプレーする選手が好きなんです。

異論はありませんよね?

そこは覚えておいて、先に進みましょう。


f:id:cild:20160630111257p:plain


必死になる人々

僕たちはみんな、選手が必死になっているから見ていて楽しい。面白く感じる。

実はこれ、とても恐ろしいことなんです。

なぜなら、人が必死になるのは、なにもスポーツに限ったことではないからです。

たとえば借金で苦しんでいる人はどうでしょう。彼らは、疑いの余地もなく、必死です。

必死な姿が大好きな僕は、不謹慎ながら、笑ってしまうかもしれません。そうなんです。不謹慎という顔の裏側で、僕は、必死になっているひとを、エンターテイメントとして、消費しています。見て、楽しんでしまうのです。

古くは、コロッセオで戦うローマの剣闘士のように、人は皆、他人が水に落ちて、もがき苦しむのを、熱狂的に観戦してしまうのです。

行き場がなくて、不当な労働環境で必死に働く工員。
理不尽なノルマをかせられた、必死の営業マン。

僕たちの住む世界は、誰かの必死さであふれています。

思い出してください。

みなさん、さっき、必死にプレーする選手が好き。そう言いましたよね。

あなたは、必死になっている人間を見るのが大好きなんです。

僕は、その事実を思い出すたびに、暗澹とした気持ちになります。ひどいと思いつつも、人々が必死にもがく姿を、楽しんでしまっている。

それは皆、同じなのです。