散るろぐ

こころふるえる感情メディア

『ぷららLTE定額無制限』の解約までの道のり

先日、解約手続きをしておいた『ぷららLTE定額無制限』が、無事に解約できていました!!

きちんとキャッシュバックも振り込まれ、ホッと胸をなでおろしているところです。

解約に至った経緯は、こちらをご覧ください。


これまでの流れ

4月18日に契約し、5月19日に解約したのですが、ここまでの流れを、時系列でご説明します。


2016/04/18
ぷらら開通

2016/04/26
ぷらら支払い 金額3,726円(開通手数料 3,240 ひかりTV 486)

2016/05/04
ぷらら支払い 金額486円(ひかりTV)

2016/05/19
ぷらら解約

2016/06/28
ぷらら支払い 金額2,982円(ぷらら)

2016/06/30
ぷらら入金 金額 3,240円(キャッシュバック)


支払い合計 7,194円
キャッシュバック 3,240円

確定 ▲ 3,954 円

ご覧のとおり、ぷらら1ヶ月の利用料合計は、3,954円 となりました…。

「ひかりTV」という支払いは、月額486円の動画サービスを2ヶ月利用すると、開通手数料の 3,240円がキャッシュバックされるとのことで、同時に契約したものです。(一回も利用していません)


キャッシュバックの罠

こうやって振り返ってみると、あることに気がつきました。

キャッシュバックを申し込まず、初月無料のうちに解約してしまえば、支払いは開通手数料の 3,240円 だけですんだのです。

  • キャッシュバック申し込み ▲ 3,954円
  • キャッシュバック無し ▲ 3,240円

つまり、すぐに解約した場合、キャッシュバックを申し込んでいると損をするという、巧妙なギミックが仕組まれているんですね。


最後に…

しかし、無事に解約できたものの、かなり消耗する出来事でした。結果的に損してしまったのですが、ダメージは最小限で食い止められました。

もしもパニックになり、1ヶ月が経つまえに「ひかりTV」を解約してしまっていたら、キャッシュバックが受けられず、6,708円の支払いが発生してしまうところでした。

「早く解約しなきゃ!」と、テンパってしまった人は、確実に引っかかってると思われます。

僕は、ぷららを卒業したことで、とても多くのことを学んだ気がします。この経験を、今後の人生にも、役立てていきたいと思います。


本当にありがとうございましたm(_ _)m