散るろぐ

こころふるえる感情メディア

野生のムラーク

もう歳なんだろうなぁ。

近ごろめっきり欲望がなくなってしまった。35歳くらいまでは、いつもウズウズしていたし、20代なんて、ジーンズのそこだけ擦れて薄くなってしまうほどだった。

それが、今じゃ、見る影もなく小さくなっちまって。ひどいときなんか、萎縮して丸まっているから、その存在すら忘れてしまう。

f:id:cild:20160829084058p:plain

オンとオフの切り替え

どこかで読んだ記事に、仕事がデキる男ってのは、オンとオフの切り替えがうまいと書いてあった。

ポンコツな欲望ってのは、しょーもないときにオンで、肝心なときにオフになってしまう。イザってときに限って、部屋の匂いが鼻についてみたり、ベットシーツの肌触りが気になって、萎えてしまったりするんだよ。

いっぽうで、オンのスイッチは、日常の何気ない風景に潜んでいたりする。それは、アパートの階段ですれ違う、生活に疲れた女であったり、タイプでもない女が、ラーメンの汁をどんぶりから下品に啜っているところだったり。

そんなムラムラはあるけど、ムラがあり過ぎて、自分でもうまくコントロールできないんだよ。


野生のムラーク

あまりムラムラって書くと、まるで異常者みたいだから、「ムラムラが来る」を、もっとソフトに言いかえるよ。そうだな、ムラークと呼ぼう。

若いころは、たまごから自然孵化していたムラークなんだけど、いつからか、産まれなくなってしまった。

すると、必然的に野生のムラークしかいなくなる。つまり、どこで出くわすか分からないし、時間もまちまちなんだよ。

すでに捕獲したムラークなら、わりとすんなり諦めるけど、レアなムラークと遭遇したとき、モンスターボールが無いなんて悲しすぎる。

伝わるかな、この苦しみ…。


誰のせいでもなく

いちばんの問題は、ムラークが完全には消えてないってことなんだよ。そして、野生のムラークは、歩いていたら、どこかで不意にエンカウント(遭遇)する。

でも、そんなムラークは当てにならないし、よしんばうまく捕獲しても、その後が大変になる。オンとオフのスイッチが壊れているから、イザと言うときオフになったら、目も当てられない。

オフになるとね、もう何を見ても、なにも感じなくなってしまう。すべてが茶番に見えてしまうんだよ。虚無ってやつかな。

それは、誰のせいでもなく、自分の心の病なのだけど、理解してもらうのは、難しいだろうね…。

もっとシンプルに生きたいのに、それは、歳を重ねる毎に複雑になっていく。やがて絡まって解けなくなるに違いない。

苦しい…。誰か助けてよ…。

絶賛、女神募集中です。