散るろぐ

こころふるえる感情メディア

小さな復讐

あまりにも無惨な最期だった。

死体は窓ガラスに激突してこと切れていた。頭部は著しく損壊して、もはや性別の判断もつかない。胴体はありえない方角に捻じ曲がり、千切れた四肢がその衝撃の激しさを物語っていた。

現場を目のまえで目撃してた母娘は、呆然と中空に停止していた。


f:id:cild:20160831092902p:plain


モス「チュウがやられた」

ヤブ「なに!?昼間の飛行は禁止だと言ったはずだぞ!」

モス「よっぽど腹が減っていたんだろう。目を離したスキに、フラフラ出ちまった」

ヤブ「やられたのか…」

モス「ああ」

ヤブ「血は!? 血は流れていたのか…?」

モス「いや」

ヤブ「一滴もか?」

モス「一滴もだ」

ヤブ「じゃあ、チュウは、たったのひと刺しも出来ずに死んじまったのか…」

モス「そういう事だ」

ヤブ「なんで血なんだよ…他の奴らは、木の実とか葉っぱで生きられるのに…」

モス「そうだな」

ヤブ「命張ってメシ食いに行って、しくじったら壁にBANかよっ!」

モス「運が悪けりゃな」

ヤブ「クッソ!あのデブが、あんな俊敏に動くなんて」

モス「油断即死。それが掟。チュウは甘かった」

ヤブ「だからって、あんな死にかた…ペしゃんこだぞ!」

モス「アリだって踏み潰されるさ」

ヤブ「クッ!弔い合戦だ 」



そしてヤブは、各地に棲息するヤブ蚊族に伝令を走らせた。

アカイエカ、ヒトスジシマカ、チカイエカ─。

3日後、召集に応じたヤブ蚊が続々と裏庭のバケツに集まってきた。その数、なんと333匹。その中から手練を選りすぐり、突入部隊を100匹に絞った。

みな百戦錬磨の精鋭である。

侵入口は換気口のスキマ。日没と同時に全軍突撃。

総大将のヤブの首には、チュウの一度も刺すことのなかった嘴のペンダントが揺れていた。



しかし、そのとき、敵の本陣から一筋の煙が。


金鳥の渦巻 蚊取り線香 ミニサイズ 30巻 (線香立て1個入り)

金鳥の渦巻 蚊取り線香 ミニサイズ 30巻 (線香立て1個入り)


果たして、ヤブの運命や如何に。