散るろぐ

こころふるえる感情メディア

肉球さえあれば

f:id:cild:20161117085043j:plain
お散歩中に遭遇した、跨線橋の歩道へ続く階段。ここを越えねばあったかいお家には帰れない(撮影:チルド)


ふぅー。近ごろアクセスが伸びない。

僕が足掻けばあがくほど、藻掻けばもがくほど、ドロ沼にはまっていくような徒労感がある。

僕のどこが悪いんだろう…。

それはきっと、住所を書きまちがえるだとか、それに問題意識を持っていないだとか、そんな単純なことではなくて、もっと高度なロジックが隠されているんだよ。

まるで仔犬のように愛くるしいキャラクターをブランディングしたつもりだったのだけど、僕は相変わらずくたびれたおっさんで、それ以上にも、それ以下にもなれずにいる。

詰まるところ、僕が望むのは、無条件にむしゃぶりつきたくなる肉球なんだ。

お金や地位のように、附随的かつ不確実でない確かな強度を備えた鋼のような肉球。職人の手によって磨き抜かれたダイヤのような肉球。手塩にかけて育まれ、たわわに実った肉球。

もっふもっふの肉球さえあれば、誰もがふれてみたくなって、無条件に愛されることができると思うんだ。

むかしは、数分で叩いた即興のリリックで1万アクセスなんて時代もあった。それが、みんなのグーグル化によって、それなりの文字数やクオリティが求められるようになった。

表面的な可笑しさではなく、そこに至るコンテクストだとか、かけられた労力だとか、書き手のSNSによる拡散力までもが、加味されるようになってしまったんだよ。

アクセスがほしい。

人気がほしい。

肉球がほしい。

これらは、僕の中で同一のクラスタ、同じ方向のベクトルとして、熱せられたタールのように重く流れている。かつて、百年経っても色あせない伝説の記事を書きたい、そんな夢をみていた、あの少年はもういない。

僕はくだらない、ただのおっさんになってしまった…。