散るろぐ

こころふるえる感情メディア

病気になるのは自分のせいじゃないけど他人のせいでもない

だんだん寒くなってきましたね。

東京の方は、雪が降るかもしれないということで、通勤などで混乱がないか、勝手に心配しています。


f:id:cild:20161124111000p:plain


毎年のことですが、冬になるとお布団から出るのが辛くなりますよね。僕も歳をとってから、少しは朝に強くなりましたが、若いころは、毎朝、仕事に出かけるのがイヤでイヤで仕方ありませんでした。

卑下するわけじゃないんですが、言っても底辺労働です。僕なんかいなくても、世の中まわるんじゃないか、なんて、いろいろ理由を付けて休みたくなったものです。

ところが、近ごろのインターネットを見ていると、朝起きて、仕事に行けない? とか、なんか、病気のせいで無理なんです?、みたいなのを、よく見かけるようになりました。しかも、それが当たり前みたいになっています。

ちょっと意味わからない、と思うのは僕だけでしょうか。

そうゆう子らは、学校に行っているときから、朝起きれなかったんですかね。たとえば、遊びに行くときにも、朝早いと、うわぁー、行きたくない!ってなるんでしょうか。

なんかね、おかしいと思うんですよ。仕事になると急に病気になるっていうのは、ちょっと都合良すぎるんじゃないかと。

僕も、仕事はめっちゃイヤですよ。社会人になってから、労働条件とかは、下にいけば行くほど、組織の末端になればなるほど悪くなる、というのがわかって、からはとくに。

でも、それはもう、手遅れなワケです……。

僕が今まで、勉強を頑張ってこなかった、怠けて逃げていた結果なんだと、痛感したものです。だから、余計に仕事に行くのがイヤだったんですね。


年末年始の短期アルバイト

あれは、19歳のときだったと思うんですが、せっかく入った会社を3ヶ月で辞めて、でも、仕事してないと周りからいろいろ言われるので、年末年始の短期アルバイトを探したんですね。

面接で通ったのは、百貨店のテナントになっている中華料理屋さんでした。12月の半ばから1月のはじめまで、年末年始だけの短期でした。

正直、なめてました。

皿洗いとか、中華料理とか、年末年始とか、いろいろと。かなりヤバかったですよ。

7時間連続で皿洗いしたことありますか?

ちょっと説明し難いんですが、ずーーーっと、油ベトベトの、皿やら、お椀やらが来るんです。しかも、陶器なのでめっちゃ重いんです。それを、洗っては、まとめ、洗っては、まとめ…。

それが山積みになったら棚に戻します。重労働ですよ。その証拠に、初日が終わると、腕がブルブルになって、帰りの原付バイクを運転するのがキケンでした。

僕も、建築現場で土嚢や石膏ボードを運んだりしてたんですが、そんなのの比じゃないです。あっちはちゃんと、2時間おきに休憩できましたから。

ちなみに時給は700円でした…。

もうね、朝起きるたびに最悪の気分です。またアレやんのかよって、もうマジ勘弁、って思うんです。

でも、僕がバックレたらダメですよね。120パーセント迷惑かかります。たぶん、下っぱの社員の女の子とかが、調理補助しながら、洗わなきゃならないんですよ。

そりゃ休めないですよ。責任感とか、そんな高尚な理屈じゃなく、行かなきゃヤバいワケです。

それで、ともかくやりました。クリスマスも正月もなく、ひたすら消毒液まみれで、皿洗いまくりですよ。人生最高です。

んで、正月が過ぎて、やっと刑期が終わりました。牢獄からシャバって感じでしたね。ヤレヤレだぜって本気で思いましたよ。

僕は更衣室のカゴに、白衣をぶち込んで、挨拶もそこそこに、逃げるように店を出ました。クソッタレなジョブをありがとうよ、って感じでした。

それで、従業員通路を抜けて、エレベーターに乗ろうとしたんですが、後ろからタタタタターっと、追いかけて来たんです。

なに?っと思って振り返ると、社員の女の子だったんですね。それで、僕の両手をとって言うんです。

「キミが来てくれてよかった。キミのおかげで今年は本当に助かった。ありがとう。ありがとう。ホントにありがとう!」

めっちゃ感謝です。感謝感激って感じですよ。

でもね、ぜんぜん嬉しくないんです。感謝されても、ありがとうって言われても、響かない。僕は1ミリも嬉しくないんです。

たぶん、毎年入ってくるバイトは、2〜3日でバックレてたんでしょう。そりゃそうだろって思いましたよ。

ともかく、ひでぇところだったなと。もう一生、飲食の年末年始とか、短期バイトとかに行っちゃいけねぇなぁ…と、胸に彫刻刀で刻みました。


理由があれば許される

思いっきり話しが逸れましたが、仕事って責任感だと思うワケです。上司がどうの、体調がどうのって、現場で働いてるほかの人には、あんまり関係ないんですよ。

自分が休めば、ほかの人がその穴埋めするだけなんですから。

だから僕は、休みたい人は休めばいいと思います。

仕事よりプライベートが大事?
なんか気分がすぐれない?
朝起きれない?

そりゃ大変ですね。事前にわかってりゃ良かったけど、そううまく行くもんじゃなし、仕方ない。

会社がクソ?
上司がわるい?
労働基準法ガーーー!

わかります。僕もしょっちゅう、みんな消えて無くなれ、世界爆発しろって、思いますからね。

僕はクズなので、くだらないなと思ったら、仕事サボりますし、後先考えずに辞めます。気に食わなかったら、客も上司も関係なく、うるせえって言ってしまいます。そこまでなるのは稀ですけど。

ただ、それを正当化しようとは思いません。くだらない(と自分が思う)仕事に就いたのは自分ですし、人間関係をうまくやれないのも、知恵と我慢がないからでしょう。

地味でもコツコツやる人、将来のために今を頑張る人、人間関係を円滑にしようと気を使う人。

結局は、誰もが、何かを犠牲にしています。

そして、病気になるのは、本人のせいではありませんが、他人のせいでもありません。

そこで、病気を理解しろ、優しくしろって主張するより、どうにか折り合いをつけて、社会に適応していく方法を模索する方が、建設的だと思うんですが、いかがなものでしょう。僕はそうしてきました。



こちらからは以上です。