散るろぐ

こころふるえる感情メディア

マズい寿司なんか食べたくない!

寿司を出せば喜ぶと思われちゃ困る。

回転系の外食チェーンはもとより、スーパーへ行けば、そこそこクオリティの高いお寿司が、山のように並んでる。

僕にとって、お寿司はもう、当たり前の日常になってるから、よっぽど良い店じゃなきゃ高級じゃない。僕らは、安価で高品質なサービスに慣れすぎて、舌が肥えてしまったんだよ。

f:id:cild:20170413082308p:plain

そこへもってきて、そこらの名もない仕出し屋のお寿司なんて、食べられたもんじゃない。シャリが固すぎたり、ネタの鮮度が落ちていたり…。

僕はもう、イヤというほど良い寿司を食べたから、沢山なんだよ。不味い寿司なんか食べたくない。贅沢に慣れてしまったんだ。


僕がまだ小さいころは、冷蔵庫も完全に普及してなくて、おばあちゃんの家では、ただの保冷庫に、Amazonのダンボールみたいな大っきい角氷を入れていた。

つまり、氷の冷たさで物理的に冷やしていたんだよ。だから、街には必ず氷屋さんがあって、氷を売っていた。何かを冷やすには、それくらい原始的な方法しかなかったんだよ。

何が言いたいのかというと、お魚の保存方法も、それらの物流も、圧倒的に進化したってことなんだ。

おかげで、海からどんなに遠くても、新鮮で活きの良い魚を食べられるようになった。

その結果がこれだよ。

ちょっと鮮度の落ちたお寿司を出されたら、文句を言うようになってしまった。

僕は、自分では謙虚な人間のつもりだったけど、環境が変わってしまえば、いくらでも傲慢になれるんだ。

ひとつ満足するたびに、それが満たされない不満を増やしていく…。

みんなだってそう。

気づかないうちに、どんどんどんどん、満足のハードルを上げていって、それが満たされなければ、冷酷な王様のように、最低だと断罪するんだ。

僕は、みんなが恐ろしいよ。満足に慣れきって、満たされないときにキレる、人間が恐ろしいんだ。


もっと自覚しよう。


今日、伝えたいのは、それだけです。