散るろぐ

こころふるえる感情メディア

電力自由化ありがとう!一人暮らしの電気代を節約する方法

こんちは。一人暮らしのチルドです。

今年の1月に電気の契約を、九州電力からループでんきに替えてみた、という記事の続報です。

論より証拠ということで、まずコチラをご覧ください。

f:id:cild:20170422093941p:plain

4ヶ月で662円です。

1ヶ月じゃないんですよ。4ヶ月のトータルで662円なんです。

これ、九州電力のままなら基本料金だけで3,568円かかっていました。それが662円ですから、本当にありがたい話です。

2月がちょっと増えてるのは、2日ほどエアコンの暖房を使ったからですね。

ざっくりですが、4ヶ月で3千円の節約になりました。


内訳

いちおう、内訳も書いておきますね。

九州電力のプランは、従量電灯B 30w という契約でした。ちなみに基本料金が874.80円、1kwh当たり17.19円です。

九州電力 従量電灯B

こちらを元に試算してみると…

  • 九州電力

基本料金(874.80×4)3,499円

使用電力(29kwh×17.19)498.51円

合計:3,997.51円


約、4,000円ですね。

そして、ループ電気がこちらです。

料金プラン | 低圧(家庭・事業所・商店)のお客さま| Looopでんき

  • looopでんき

基本料金 0円

使用電力(29kwh×22.8)661.2円

合計:662円


使用電力部分を見てもらうと分かるのですが、looopでんきの方が、5.6円高いんですね。

しかし、基本料金が0円なのでトータルでは、約3,335円も安くなってしまったのです。


まとめ

この記事を書くために、あらためて計算していると、カラクリがわかってきました。

looopでんきは、基本料金が0円のかわりに、使用した電気代がちょっと高いんですね。


looopでんきエリア基本料金
北海道電力29円
東北電力26円
東京電力26円
中部電力26円
北陸電力21円
関西電力25円
中国電力24円
四国電力24円
九州電力23円


なので、例えば、1ヶ月に200kwhくらい使った場合は、数百円しか安くなりません。(北海道は特殊なのでちょっとわかりませんでした)

でも、僕のように、ちょっとしか使わないと、圧倒的なコストダウンになります。

もしも乗り換えを検討する場合は、現在の使用kwhをチェックして、使用量が100kwh以下であれば、充分な節約効果があります。

この機会に、検討されてみてはいかがでしょう。


電力自由化サイコー!という話題でした