散るろぐ

僕のすべてを伝えたい。心ゆさぶる感情メディア

靴下屋さんで5本指ソックスを買ったよ

おはようございます。5本指ソックスを、こよなく愛する僕です。

このまえ、シーモールの靴下屋さんで、5本指のソックスを買いました。靴下屋さんは、靴下を専門に販売するショップです。お店のなまえが「靴下屋」なんですね。

主に女性向ですが、数年前に「Tabio」という高級な5本指ソックスをラインナップに加えて、それからメンズの販売も始まったようです。

Tabioの5本指ソックスは、1足2千円くらいする高級なソックスで、僕にはとても買える金額ではなかったのですが、このまえ、お店に寄って見ていたら、なんと3足1000のがあったんです。しかも僕の好きな5本指ソックスですよ。

僕は、狂喜しながら2セット(6組)を購入して、ホクホクした気分で家路につきました。

▼デザインはこんな感じ
f:id:cild:20170515083437j:plain


シンプルなボーダー柄で、僕がふだんはいている5本指より、指の部分がちょっと長めです。生地もシッカリしていて、男性用に大きめに作ってあるみたいでした。

翌日、さっそく履いて、ウキウキ気分で出社しました。ところが、ちょっとした問題があったのです。


足裏に違和感

僕の仕事は、立ち仕事なのですが、お昼頃になったら、足の裏に違和感を感じたのです。「靴の中にゴミが入っちゃったのかな?」と思って、脱いでひっくり返したのですが、違和感が収まりません

しかも、両足に、おなじ違和感があるのです。そうこうしているうちも、違和感は、どんどん増していき、足裏HPはゴリゴリ削られていきます。

そして、お昼休みにしっかり見たところ、靴下が原因だったことが判明しました。

それがこちらです。

▼表面
f:id:cild:20170515083614j:plain

▼裏返し
f:id:cild:20170515083628j:plain

裏返しの中心を見てもらえますか?

無数の糸が飛び出していて、その先端に小さい結び目があるのです。

▼拡大
f:id:cild:20170515083642j:plain

どうやら、ボーダー柄の縫製をしている箇所に、糸の結び目があり、それが足の裏にこすれて、痛みを起こしていたようです。

靴下屋さんの社長、越智社長は「靴下の神様」と呼ばれるほど、製品にこだわりを持っていると聞きました。ときには、靴下の生地を噛んで確かめ、足裏の感覚を鈍らせないため、ふだんは素足でいるそうです。

“靴下の神様”「靴下屋」社長が靴下を履かない理由 | Abema TIMES

越智社長も、たぶん、この靴下をはいてみたハズなのですが、違和感に気付いてもらえなかったのは、とても残念です。

▼自分でカット
f:id:cild:20170515083700j:plain
さすがに、このままでは厳しいので、飛び出した結び目を、ハサミで切ってみました。

f:id:cild:20170515083734j:plain

これで良い感じです。

でも、最初から切ってもらえていたら、もっと良かったのになぁ、と思いました。




今日はそんなところです。