散るろぐ

こころふるえる感情メディア

ブログのアクセスが消えつつある

きのうの記事、自分で書いておいてなんだけど、胸がザワザワしてる。プリントアウトして医者へ行った方がいいんだろうか…

いや、待て。医者やクスリに頼ったらおしまいだ。僕はそんなにヤワじゃない。ほかの連中とはちがうんだよ。

落ちつこう。これは罠なんだ。

初回無料の電話相談。次回からは10分2千円。

鬱、発達障害、LGBT、エトセトラエトセトラ。近ごろインターネットは、生き辛さを抱える人々がターゲットにされている。心の弱った羊を狩ろうと、狼どもが舌なめずりして狙ってるんだよ。

落ちつけ、落ちつけ。

こりゃ、ただのブログ。所詮ブログじゃないか。こんなの遊びじゃないか。僕はだまされない。自我の帆を、あたかも帆船のように広げて、邁進するのみなんだ。

しかし、さっこんのブログの砂漠化は、どうにかならないのか。破廉恥なSEO革命によって、ブログの温暖化がひどいんだよ。氷河は溶けだし、急激な海面上昇でアイランドはつぎつぎと沈んでしまう。

子供から逆に教えられる?
育ちの良さがプンプンしてる大学生?

愛情にまみれやがって…。

どいつもこいつも一歳児のように口の周りを愛情でベトベトにしやがって。貧欲に愛情を食い散らかして、愛くるしい笑顔をふりまきやがって。

どうなってやがるんだ。マストドンはもう化石化してるんじゃないのか。

そもそも、ブログでお小遣いなんてのが悪かったんだ。僕だって、純粋に書くことを楽しんでいたんだよ。そこにお金をバラまかれちゃ、食い詰めてる僕たちが飛びついちゃうのは、当たりまえじゃないか。

そうやって、最初は大盤振る舞いしといて、情報を引き出していく。愚かなヒューマンたちに、ネット上へどんどんコンテンツを詰めさせる。そして、アップデートとか言って、サイフの紐を徐々に締めていった。

おかげで今じゃ、雀の涙だよ。それすらドンドン下がってる。きっとそのうちゼロになるんだ。

僕は、アフィリエイトに飼いならされてしまった。情熱もエモーションも、なんにも無くなってしまった。のびのび書けていた文章は、小さくまとまってしまって、どこにでもある砂利になってしまった。

そして、結局、世界は元通りだよ。一部のクレバーでハイスキルな個人と、リアルに強力な組織だけが生き残るサバンナ。

夢から覚めて、僕に残ったのは、悪いレッテルと、失った信用だけだった。ちくしょう。

僕は、僕なりに全力を尽くしたんだよ。知りもしないことをウィキペディアで調べて書いたり、どんな事を書けば読んでもらえるだろうって、考えたりさ…。

その繰り返しが、今の僕なんだよ。なにを書いても信じられない。なにを言っても届かない。星になってしまったんだよ。

まぁ、いいさ。どっちみち、誰からも相手にされてなかったんだ。一瞬だけでも、爪跡を残せたんだ。足掻いた轍をクッキリ残せたんだ。それで良しとしなきゃね…。

明日からは、マインクラフトの日記を書くよ。そっちの方が、よっぽど読んでもらえるようになる。こっちは、もう検索から消えつつあるからね…。

いいんだ。もう、お祭りは終わっちゃったから。そのうち干からびて、風になるんだ。