散るろぐ

こころふるえる感情メディア

ブログを潰す4つの方法

ブログに消耗している皆さんこんにちは。はてなブログ暦3年のチルドです。

このまえ、ネットをぷらっと巡回していると、ブログの生存率、1年後はどうなっているのか?みたいなデータをしらべている方がいました。

やっぱりみんな、スグ止めてしまうようで、僕レベルになるには、1パーセント以下の生存競争を勝ち抜かなければ、残れないらしいです。


そこで今回は、ブログの生き方じゃなく、あえて潰し方を教えようと思います。

もうブログ続けるのがしんどい…、いっそ潰してしまいたい…。そんなふうに思ったときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。


内容の薄い記事を書く

ブログって、誰も読まれなければ、自然と潰れます。でも、なかなか潰れないブログがありますよね。その原因のひとつに、ストック記事(過去記事)へのアクセスがあります。

ストック(過去)記事のなかに、検索需要にマッチした記事があると、そこそこのアクセスが生まれてしまうんです。不特定多数の人に、読まれてしまうんですよ。

そんなストック記事がたくさん抱えている場合は、それを、ひとつずつ潰していたらキリがありません。

そこで有効なのが、ブログ全体の評価を下げてしまうことです。

ともかく内容の薄い記事をドシドシアップしましょう。これでグーグルから、このサイト(ブログ)はダメなヤツだな、という評価を得て、アクセスが減ります

タイトルより本文が短いと、より効果的なので、ぜひ試してみてください。


アフィリエイト色を前面に出す

検索の逆SEOに慣れてきたら、次はSNS対策も同時にやってしまいましょう。

個人のブログでは、平凡な日常のつぶやきでも、好んで読む層が一定数います。

そこで、あからさまなアフィリエイトを大量に仕込んで、人心を離反させるのです。

まずはレクタングル大(四角い広告)を、最低でも5つ設置しましょう。文中にガツンと貼ると効果的です。

また、いきなり脱毛やエステを語り出したり、聞いたこともない商品を、大々的に勧めるのも吉です。

ともかく、明らかなアフィリエイト臭を、サイト(ブログ)全体に振りまいて、ひとを寄せ付けないフィールドを作りましょう。


炎上を狙う

ブログ潰しのキモになるテクニックが炎上です。炎上は、一時的にアクセスが上がってしまいますが、ご安心ください。

昨今のグーグルの改良によって、新着記事にアクセスが増えると、相対的にストック(過去)記事への評価が下がるのです。

これにより、炎上すればするほど、ストック(過去)記事のパワーが弱まり、確実に息の根を止めて、潰れることが可能になりました。


有料サロンに入会する

ブログを潰すのに、もっとも手っ取り早いのは、そのブログの、中の人のモチベーションを消してしまうことです。

書く人が居なくなるのですから、こんなに確実な手はないでしょう。ただし、誹謗中傷などでは、各方面に迷惑もかかるので、オススメしません。

そこで利用したいのが、有料で高額なサロンへの入会です。いわゆるブログ指南や、サポート、情報商材などですね。

大金を投じて、まったく回収できなければ、ペシャンコに潰れるでしょう。そこが狙いです。

そもそも、ブログで成功したり、有名になった方々は、誰からもブログを教わっていません。だから潰れていないのでしょう。

さあ、行動あるのみですよ。


まとめ

ブログを潰す4つの方法という雑談でしたが、いかがだったでしょうか。

まぁ、積極的に潰したい人は、あまりいないと思うので、今回の記事は、たいして役立たないかも知れません。

それでも、潰れてしまいたいときって、ありますよね。今日は、酔い潰れてしまいたい、というような。



今日はそんなところです