散るろぐ

こころふるえる感情メディア

ちょっと知り合うと好きになってしまう

恋をしてる。

名前は咲良ちゃん(仮名)

もう、寝ても覚めても咲良ちゃん。

あぁ、咲良ちゃん…

あまりにも可愛いから、ソフトクリームを買ってあげたくなって、ソフトクリーム食べる?

って聞いたら、「食べたいかも」だって!

食べたい、かも。

さっそく買ってあげた。もちろん自分のぶんも。僕もソフトクリーム、好きなんだよね。

でも、彼女は高校生。やっぱ高校生はダメかぁ。


好きになってしまった。

名前は、高橋さん(仮名)

僕とおない年の42歳。いろいろ話していたら、同じ中学校に通っていたんだって!

もしかして、運命!?

シングルマザーだけど、スタイルが抜群。

太ったなんていうけど、ぜんぜんそんなことないよ。すごいよ。あの谷間に顔を埋めてみたい。


そんな感じで、次々と恋をしてしまう。

そもそも、女の子と知り合う機会が少ないから、話しをするだけで、好きになってしまうんだよ。

こんな話しをすると、人は「安っぽい恋だね」なんて、僕のことを馬鹿にするんだろう。

でも、それは、強者の驕りだよ。

数ある選択肢のなかから、一山いくらで値踏みして、つまらない男だと切り捨てる。いつでも手に入れる余裕があるから、話しかけてくる異性なんて、石ころ同然の扱いで、笑うのも馬鹿らしい。

そうやって、人をヒトとも思わない、冷酷な感情で切り捨てられるんだよ。

そんな連中に、僕を笑う権利はないんだ。