散るろぐ

僕のすべてを伝えたい。心ゆさぶる感情メディア

【悲報】ヒトデ氏会社辞める

朝イチで悲しいニュースが流れてきた。あのヒトデ君が会社を辞めた。これからはブログで飯を食っていくらしい。

彼を認識したのは、ちょうど二年前の今ごろだった(ような気がする)。ヒトデといういっぷう変わったニックネームとJOJOっぽい語り口。ずいぶんと腰の低い男だな、というのがファーストインプレッションだった。

あれから二年。

そんなヒトデは、あれよあれよという間にアクセスを伸ばし、界隈イチの人気者になってしまった。真紅のレッドカーペットを、ジャケットを翻しながら駆け上がるように。

いっぽうでこっちは、没落の一途をたどった。日々、暴力的に落ちていくアクセスを眺めながら「ブログはもうオワコンじゃな…」と、老人のようにつぶやいていた。

僕は憎い。

いや、ヒトデが憎いんじゃなく、ネットで成功する、すべての者が憎くてしょうがないんだ。

日々つづく退屈なルーチンワーク。理不尽な要求と、曖昧な人事。くだらない人間の繋がり。与えられる僅かなパン惜しさに、奴隷のように従順な仕草を演じる毎日…。

僕らは、ヒトデになれない。

本当にクリエイティブで、能力が高いのならば、会社員という選択は、最悪に違いない。

僕らは、ヒトデになれない。

現状に甘んじることなく、自分の可能性に賭けるのならば、僕らは会社のデスクに座ってはいない。

ヒトデ君。頼む。

どうか失敗してホームレスになってくれ。

僕は、大きな苦痛に耐えている。いや、二十年もの月日を耐えてきた。

みんなのやりたがらない、汚れ仕事を押しつけられてきた。縁故で成りあがる、ブタ野郎どもにコキ使われて、汚えぞ…という叫びを呑み込んで、耐え忍んできたんだよ。

ブログは副業でいいじゃないか。そっちでちょっと人気者になって、小遣いを稼いで、そのモチベーションでもって、会社でがんばってくれないか。

たったの三年じゃないか。まだ三年しか理不尽を受けちゃいないだろう。もっと、こっちの地獄を見てくれ。ヨゴレ仕事で疲弊して、無能な上司のケツを拭いてくれ。会社には、介護が必要な老害が、まだまだ沢山いるんだ。

若い者は、そのケアをする義務がある。




僕は、なにを言っているんだ…?

なにはともあれ、めでたいですね。

今後の成功と、さらなる飛躍を期待しています。