散るろぐ

こころふるえる感情メディア

もう仕事やめたい

このごろ、めっきり仕事のやる気がなくなった。

さっきも、見知らぬ客が来て、見るからに面倒くさそうな風体をしていたから、商品のかげに隠れていた。それでも、執念深く店内をうろついて、とうとう見つかってしまった。

なんとか、塩対応で追っ払おうとしたら、他の常連さんが来てしまって、そっちはいつも買う人だから、接客しないわけにはいかなくて、しぶしぶ仕事した。

そしたら、その見知らぬ客が、常連さんにいろいろ聞きはじめて、「ここの美味しいんですよ」なんて常連さんが言うもんだから、見知らぬ客までいっぱい買っていった。

商売ってむずかしいよね。売れてほしいときは、ぜんぜん売れないのに、売れるな、売れるな、と、強く念じているときに限って売れてしまう。

若いころは、そんなことなかった。あのときとは時代も環境がちがうから、一概には言えないのだけど、40歳を過ぎたあたりから、急に接客するのがイヤになった。もう、商品に興味も失って、客の顔も見たくないんだよ。


IT業界で、プロのグラマーが、35歳で限界を迎えるように、接客販売も40歳でモチベーションを無くすのかも知れない。個人差はあると思うけど、僕はもう、ほとほと嫌気がさしてしまっている。

いま、「じゃあ、さっさと辞めたら?」という声が聞こえたけど、そんなカンタンな問題じゃないよ。イヤなら辞めろなんて、子供じゃあるまいし。

接客って、ずっと受け身なんだよ。打たれても、蹴られても、罵られても「効いてませんよ」ってな顔で笑ってないといけない。僕はもう笑えない。作り笑いという井戸が、すっかり枯れてしまった…。

偉くなるってのは、もしかしたら、この「誰にでも出来るけど給料が安くて大変なこと」を、他の誰かに押しつけることなのかも。

人は誰しも、楽をして給料をもらいたい。管理職が大変なんてのは大ウソで、偉くなって会議室で、あーだこーだ言ってる方が、よっぽど楽だよ。

え?そんなことないって?

じゃあ、いつでも降りてきなよ。コンビニや建築現場、末端の販売員の席は、いつだって空いているよ。

僕もはやく「誰にでも出来るけど給料が安くて大変なこと」から抜け出したい。その上にあぐらをかきたい。人を踏み台にして、あの壁の向こうにいきたいんだ。

雑魚と呼ばれないために。