散るろぐ

こころふるえる感情メディア

雑草の駆除には防草シートが良いらしい

日曜日、庭の雑草をとった。

もっと早めにやりたかったけど、9月くらいだと、まだ蚊がすごくて、刺されて大変なことになってしまうんだよ。

雑草といっても色々あって、今年は、セイタカアワダチソウと、猫じゃらしが大繁殖していた。去年はススキだった。

うちの庭は放置状態で、なにも変えていないのに、毎年その植生が変わるから、自然というのは本当に不思議だよ。

それから、モミジの木の枝に、蜂が巣を作っていたから、木に登って叩き落としてやった。幸い、その蜂の巣は、もぬけの殻になっていて、無事に処分できた。

玄関側にあるヒイラギの木も、枝をぶった切った。このヒイラギの成長力がハンパなくて、どうかすると電線を巻きこんで大変なことになるから、年2回は切っておかないといけない。

そんなこんなで、3時間、ぶっ通しで草をとって、ゴミ袋に詰めて(ゴミ袋大 × 20袋)、それから、モミジとヒイラギの枝を切ったら、ひどい筋肉痛になってしまった。

草を引き抜くとき屈んだせいで、左右の足の股関節と、慣れないノコギリのせいで、右手の親指のつけ根が悲鳴をあげている。

本当に勘弁してほしいから、今年は、これで終わらせずに、雑草を退治しようと決意した。

ネットで調べたところ、雑草の繁殖を抑えるには、除草剤より、防草シートというアイテムが良いらしい。

これを、キレイに敷いて、Uピン杭という金具で、しっかり固定すると、すべての雑草を封じこめられる。

今年はコイツで、雑草を根絶やしにしようと思う。