散るろぐ

こころふるえる感情メディア

手作りのバッグインバッグを自作してみたよ

おはよー。

今日の工作は、バッグインバッグ。

バッグインバッグというのは、バッグの中に入れる、ひと回り小さくて薄いバッグのこと。中を、整理整頓するためのアイテムなんだけど、これって、買うとけっこう高いんだよね。


一応、機能的っぽいけど、ピッタリA4サイズが収まるというか、バッグの大きさは微妙に違うから、ピタッとくるかどうか、入れてみるまでわからない。


そこで、自作してみる。

材料は、駅前のセリア(Seria)で調達してきた。

セリアは、ダイソーがオシャレになった100円ショップなんだけど、セリアが近所になければ、ダイソーでも調達できるよ。

準備するのは2つ。

f:id:cild:20171117014208j:plain

B5サイズのソフトケースと、B5サイズの硬質カードケース。

カードケースは硬いやつ。ソフトケースは、皮がスポンジみたいになってるの。

2点のお買上げで、お会計は216円(税込み)。

これで作っていくよ。


まず、ソフトケースのなかに、硬質カードケースを入れる。

f:id:cild:20171117014245j:plain

f:id:cild:20171117014301j:plain

ちゃんと収まったら、バッグを準備。

f:id:cild:20171117014322j:plain

カバンの底には、スマホや充電器、サイフや小銭入れが、ゴチャゴチャになって固まっている。

f:id:cild:20171117014350j:plain


ぜんぶ出してカラッポに。


f:id:cild:20171117014405j:plain


そして、自作したインバッグをイン。


f:id:cild:20171117014433j:plain


サイフ類を手前に、スマホとかをもう一方にまとめたら完成!


f:id:cild:20171117014542j:plain



「なんだそりゃ?」と思うかも知れないけど、こうするだけで、カバンの中から、劇的にモノを探しやすくなる。

まず、サイフ類を手前に入れるルールを決めておけば、コンビニのレジでも、おサイフをサッと出せる。スマホなんかは、手探りでも取り出せるよ。

もちろん、カバンの中がゴチャゴチャすることもない。硬質カードケースのおかげで、カチっと自立してるから、縦長のペンケースとかなら、立てて入れられて、スペースを無駄なく利用できるんだよ。

あと、カードケースには、切符やチケットなど、薄い紙をピタっとなおしておける。こちらも手探りで取り出せるし、紛失のリスクも劇的に減るよ。

「他のものが入らなくなるのでは?」と思われるけど、ちゃんと入るよ。自立してるから、むしろ省スペースになって、収納力はアップ。

このカバンは、A4サイズでマチがあるタイプなんだけど、文庫本ならあと6冊くらい入る。それでも、カバンの中がゴチャゴチャにならなくて、本当に使いやすい。

ポイントは、硬質カードケースを使うこと。僕のバッグはA4サイズだから、インバッグはB5にしたけど、メッセンジャーバッグのように、横に長い大きいバッグなら、A4のセットでピッタリかも。

気軽に買って試せるから、みんなもぜひやってみてね。