散るろぐ

こころふるえる感情メディア

やってやんよ!ゴリゴリのアフィってヤツをなぁ!


僕のブログも、近ごろ、めっきりアクセスが目減りして、ダメになってしまった。だから、もう禁断の果実に手を出すよ。すべての感情を排して、ゴリゴリのアフィに噛りついてやる。

いっぱつ当てるんや。


アフィブログの計画書

アフィるにあたって、僕が考えたプランを教えるよ。

  • プロバイダー

まず、どこでヤルかってことだけど、ここでやるよ。はてなブログPROの、サブドメインで運用する。

大丈夫?って思われるかもだけど、イケる。ある程度は試して、実績も出してるから、ぜんぜんイケるんだ。

  • ドメイン

会社ならともかく、個人でやるぶんにはドメインなんてなんでもいいんだよ。

  • テーマ

本当に迷った。特定のジャンルで書くべきか、ある程度は絞るべきなのかってこと。これについては、あとで書く。

  • デザイン

これも悩んだ。理想は、どこぞのオフィシャルサイトみたいにオシャレなのがいい。だけど、それじゃ時間もかかるし面倒。思いきって、テキストベースにした。


Amazonをもっと便利に

アウトラインは、これで決まった。サブドメインだから、初期投資は0円。あとはゴリゴリにアフィをぶっこんでいくだけ。

で、どうするの?なにやるの?って話だよね。

落ち着いて聞いてくれよ。

前から思ってたんだけど、Amazonってサイトは、商品を探しにくいんだよ。そしてページがクソ重い。だけど、利用者数は最大で決済はラク。決済がラクというのは、利用者がクレジットカードの情報を出すとき、他は嫌だけとAmazonなら大丈夫って信用があるから。

これがAmazonってサイトの特徴。

つまり、

① Amazonの商品を探しやすく
② ページを軽くしてやる

たったこれだけで、誰もが喜ぶ便利なサイトになれるんだ。

そこでまず①から。商品のチョイスだけど、もちろん自分で探したりはしない。探すのは、&sort=salesrankを使っていく。

Amazonの検索ボックスで、商品名やジャンルで検索したページURLの末尾に「&sort=salesrank」をくっつけると、注文の多い順に表示されるよね。

あとは、その並びのまま、紹介していく。

ちなみに、これが試しに書いたサイトになるよ。





勝つためのポイント

①表示が早い
見てもらってわかったと思うけど、表示がめちゃ早いハズ。余分なゴミをとっぱらってるからね

②画像を保存して、titleとalt属性をつける
商品を画像で検索する、という需要はあると思うんだよ。そこでそれぞれの画像に、titleとalt属性をつけてやれば、おなじキーワードで大量に生成できる。

③参考価格にする
商品には価格という概念があるけど、AmazonのアフィではAPIを叩いて数値を拾ってこないといけない。つまり、テキストでベタ書きはご法度なんだ。

そこで、他のECサイトを見て、実勢価格を設定する。僕は、Amazonの価格じゃなく、ECサイトの価格を提示しているから、ユーザーには、Amazonの価格をチェックする自由がある。

④売れ筋が売れる
商品って、結局のところ、販売力じゃなくて、商品力で決まると思うんだよね。つまり、最終的にコンバージョンする確度が最も高いのは、売れている商品なんだ。


⑤ひな型でコンテンツ作成の高速化
以上の手順を覚えれば、無限にページを量産できる。つまり、ネタに困ったりすることが無いんだよ。これを、毎日1記事あげていけば、1年で300ページくらい作れる。フハハ。


まとめ

僕の考えたゴリゴリのアフィだけど、どうかな。

成功すると思う?

参考に作った「隠しカメラ」は、ニッチすぎるキーワードだけど、もちろん、ガジェットから明日のおかずまで、幅広くやっていける。

それなりの量を詰めたら、勝算あると思うんだよね。

せっかく僕がヤル気になったから、みんなもぜひ、応援してね。


じゃあ、またね