散るろぐ

こころふるえる感情メディア

ライターで食べていくのは難しい

ライターをちょっとやってみて思ったけど、文章で生計を立てるのは難しいかな。僕ならやれると思ったけど甘かった。

まず、単価の面で1000円というのが厳しい。

1日8時間働くとして、時給800円で計算すると、6400円。それで、1日にこなせるのが3記事(2000字)だとすると、1記事2200円くらいに設定しないとダメなんだ。

1文字1円ってこと。

ただ、おなじ2000字でも、ダラダラ書き連ねた駄文と、要点をまとめて簡潔に書いたものじゃ、品質がぜんぜん違うんだよ。

その品質の線引きというか、基準をどこに持ってくるのか、曖昧すぎる。そうなると、iPhoneに詳しいとか、芸能界のゴシップに詳しいとか、得意分野をアピールできないと、差別化するのが難しい。

僕には、得意な分野ってないから、1000円にしてみたけど、お小遣いにはなっても、それで生活できるかと考えたら、ムリなのかな。それに、毎日3記事も書いてたら、疲れてしまう。

あと、需要と供給のバランスもあるんだよ。継続的に3記事づつ受注できたりしない。あるときはあるけど、無いときはぜんぜん無いって感じになる。

そのために、ランサーズなんかのマッチングサービスがあるんだろうね。やってみようかな...。

1日6000円だと、1ヶ月、20日稼働すれば12万になる。それだけあれば、僕のクラシックスなら充分なんだよ。

その方向で考えてみようかな。