散るろぐ

こころふるえる感情メディア

一緒にドライブするといつもケンカになる


やれやれ。またケンカになってしまったよ。

僕たちはいつもそうなんだ。彼女とドライブに行くと毎回大喧嘩してしまう。

ことの発端は、僕がコンビニに行きたかったこと。

運転は彼女がしていたから、僕は「コンビニあったら寄ってね!」って、ハッキリ言ったんだよ。

それが9時。

そして走ってると10時になって「あ、あそこにローソンがあるよ」って、内心思いつつも、ずーっと我慢してた。

運転中に横から指図したら危ないからね。

で、通り過ぎてしばらくして、「コンビニ寄ってね」って、またやんわりお願いした。

彼女は「いいわよ」って言って、じゃあ、なんでさっきのローソンスルーしたんだよ、とか、内心思ったけど、口には出さなかった。

それから、ファミリーマートと反対車線のローソン、2つのセブンを通り過ぎたから、僕はもう一度念を押したんだよ。

「ごめん、コンビニあったら寄ってもらえる?」

もしかしたら、タイミングとか交通状況で寄れなかったかも知れないよね。だから僕は、あくまでお願いベースで頼むんだよ。

彼女は「うん。わかってる」って言った。

わかってるってなんだよ。完全に忘れてたのか、それとも僕がコンビニを見逃したことを責めてるとでも?

冗談じゃない。僕はそんなふうに思っちゃいないし、口にも表情にも出してないじゃないか。

あ!ファミマがあった。よかった!

ブォーン...........

はぁ?なんで通り過ぎたんの?
チラっと彼女を見ると、何事もなかったような顔をしてる。まるでファミマなんか存在しなかったとでも言うように。

「ねぇねぇ、次のコンビニ寄ってね!」

僕はもう、哀願のトーンでお願いした。謙虚にお願いしたんだよ。

彼女は、相変わらず「いいわよ」って上機嫌なんだよ。鼻歌までうたって楽しそうにしてる。

僕はそんな雰囲気を壊したくなかった。彼女の悲しむ顔なんて見たくないんだ。初めての夜に誓ったように、この笑顔を一生守ると決めたんだ。

そして、車が、眼前に迫ったセブンイレブンの看板と、巨大な駐車場を華麗にスルーしたとき、僕のこころは、怒りとも悲しみともつかない、不思議な感情に満たされた。

時計は12時をすぎていた。

「あのさ、コンビニ寄ってって言ったよね」

「え?ああ。ここら辺ないわね....」

だから言ったの!
街をぬけたらコンビニ見つからないから、出かけてすぐに言ったんじゃん!

「出かけるとき、言ったよね。コンビニ寄ってって」

「この先もう無いかもしれないわね...」

「だから寄ってって言ったの!なんで3時間も無視するの!」

それから、車内には鉛のように重苦しい空気が漂って、空はこんなに青いのに、僕はなんでこんなに悲しいんだろうなんて、思って。

もう、彼女とは絶対にドライブに行かないもん

そう誓ったんだ