散るろぐ

こころふるえる感情メディア

NHKの受信料を絶対に払わない方法

昨日、僕たちは裁判に負けた。

テレビという娯楽装置に、どこからともなく乗っかってきた、巨大な利権団体に、民主主義は敗北した。

僕らは、テレ朝を見たくてテレビを買う。フジを見たくてテレビを買う。日テレを見たくてテレビを買う。TBSを見るためにテレビを買う。民間放送を見るためにテレビを買うんだ。

そして僕らは、テレビを買えば、テレビを自由に視聴することができる。無料のテレビを見る自由もあるし、有料のスカパーを見る自由もある。スカパーは、お金を払えば見れるチャンネルだ。

そんな自由な電波へ、公権力を振りかざして、有料チャンネルを一方的にのせてきたのがNHK。NHKは、見ても見なくても金を巻き上げる電波を作った。

それを裁判所は合憲としてしまった。

許せね。マジで許せねえ。

f:id:cild:20171217191138p:plain
画像提供:https://ai-catcher.com



「NHKは見ません。だからお金は払いません」

どこがおかしい?

「見ないのでウチに電波を送らないでください」

どこが間違っている?

よく考えてみてほしい。

勝手に飛ばした電波で、強制的に受信料を徴収できてしまうなら、それを認めてしまうなら、仮にNHKが「来月から受信料が20万になります」と言われたら「はい、わかりました」と支払わなければならない。

収入が200万の人だったら払えても、20万の人だったら破産してしまう。これを暴力と言わずに、なんと言うのだろう。

電気は、使わなければ払わなくていい。ガスは止めてもらえばいい。水道だって止めてもらうことができる。水道で「いいえ、蛇口があるからダメです」とか、電気で「電線があるからダメです」なんてことになったら大変なことになる。

問題は、拒否する自由がないことなんだ。

水道や電気などは、国民全体のライフラインになるから、本来的には、拒否する自由はないのかもしれない。水がなければ死んでしまうし、電気がなければ凍えて死んでしまうから。

でも、テレビは見なくても死なない。

それを、裁判を起こしてまで、強制的に徴収しようとするNHK。それを認めた裁判所。

僕は、NHKや司法を批判したいんじゃない。

そのなかで、生きた生身の人間がやろうとしていることが許せない。無理やり徴収するために裁判を起こした人。それを認めた裁判官の人。

あなたは、ただの人間だし、そのなかでもクズの部類だと思う。


僕はテレビを叩き潰す。

金属バットでメッタメッタのギッタンギッタンに引き裂いて、狂ったように叩き潰すんだ。アンテナをバッキバッキに折り、画面なんて原型を残さず破壊してやる。ただひたすらに金属バットを振り上げ、振り下ろし、執拗に無心に垂直に愚直に撃ち下ろす。そして巨大なローラーでもって圧縮してペシャンコにして、シュレッダーで切り刻んでやるんだ。

さあ、テレビを窓から投げ捨てよう。


今日言いたいのそれだけです。