散るろぐ

こころふるえる感情メディア

なんで募金なんかするんだろう

こんなこと言うと、また僕がかまってほしくて変なコト言ってると思われそうだけど、そうじゃないから聞いてほしい。

ずっと不思議だったけど、なんでみんな募金するの? いや、そんなの募金しないよね、というようなモノまで、すごい金額が集まっててビックリする。

それで、集まったお金は一割くらい消えてしまう。それもなぜか、100万円あつまると10万円、1億あつまると1千万なくなってる。

どこに消えるかというと、それを集めた団体の運営費になる。100万円で10万円の経費なら、1億あつめたって100万円くらいで良さそうだし、そもそも善意の団体なら経費いらなくないと思う。

エビデンス(証拠)を出せ、とか言われそうだけど、むかし調べたことがあって、10%でも控えめな数字だった。ウソだと思うなら調べてみよう。

そもそも、自分の出したお金が、どう使われたのか調べない方がおかしい。税金なら、もう好きにせえよって思うけど、募金は任意だからどう使ったか、そしてちゃんと届いたか、ちょっとでも疑念があったら、僕はする気にならない。

だって、口座番号さえわかれば、直接送金できるよね。それを一旦まとめる団体がいるってことが笑える。

しかも、募金を募るときは大騒ぎするのに、その後は音沙汰なし。それこそ一行のテキストで「いくらあげましたー」みたいな適当さ。いや、そこは送金明細と使途について、詳細な報告があって然るべきなんじゃないの?

クラウドファンディングという方法もあるし、墓金もそろそろ別のやり方を考える時期に来ていると思う。

国やお役所が、率先して募金活動してくれたらいいのに、そうならないのは、なにか深い事情があるんだろうね。

僕は募金しないから、どうでもいいんだけど、あげてる人たちは、もうちょっと考えてあげた方がいいんじゃないかな。

今日は、そんなところです