散るろぐ

こころふるえる感情メディア

JASRACまた勝訴!

いやー、やってくれましたね。僕らのJASRACが見事に勝訴しました。見たか平民ども。これがジャスラックのパワーだ。フハハ!!

え?おまえ、JASRAC支持するの!?

ってのは、当然の指摘ですよね。わかります。

そうなんですよ。僕も、ちょっとまえはそうでした。子どもが習う音楽教室から著作権料を徴収するなんてヒドイなと、そう思っていた時期が、僕にもありました。

でも、もう僕はJASRAC側の人間です。なんていうんですかね…。やっぱり勝たなきゃ意味がないと思うんですよ。JASRACにせよNHKにせよ、けっきょく勝つんですよ。なんだかんだ言っても勝つんです。

ビジネスって現実じゃないですか。

それなのに、エモーショナルな感情で反発し続けるのって憐れです。それって、好きだけど弱い馬に大金を掛けて、負けてしまうギャンブラーみたいです。

JASRACはプロなんですよ。

ピアノをポロンポロンやってる、ガリでヒョロの音楽業界なんざ、ひとひねりなんですわ。

僕は、法律とか裁判って、弱い者を強い者(権力)から守る存在だと思っていたんですね。でも、そうじゃないんですよ。どれだけ強固な理屈を展開できるか。裁判ではそれが重要なんです。

つまり、そこに特化してリソースをすべて注ぎこめる、JASRAC最強なんですよ。

それなら、負けて落ちこむより、JASRACファンになって勝ったー!と喜ぶほうが楽しいかなと。正直、YAMAHAが、JASRACにいくら毟りとられても、僕のふところが痛むワケじゃないですし。

ぜんぶパクられたあげく、煽られて顔真っ赤な漫画業界も、JASRACに頼めばいいんじゃないでしょうか。きっと盗まれたカネを取り戻してくれますよ。ジャスラックならね。



JASRACは正義ですよ。みなさん。

応援しましょう