散るろぐ

こころふるえる感情メディア

人生を2倍味わう

もしも自分の子供がいたら、どんなだったんだろう。夜空の星を見あげて、そんなふうに思ってしまうことって、あるよね。

きのう、小学校の卒業式を覚えてる? という話をしていて、僕はぜんぜん覚えていなかった。

A「ボクたち!」

B「わたしたちは」

C「今日!」

D「卒業しまーす!」

こんな感じの、順番に絶叫していく茶番劇があったような気がするけど、あれは中学校だったかな。本当に覚えていないんだよ。

そんな話題で盛りあがってたら、子供がいる人のほうが、独身の人たちより、子供の頃のことをよく覚えていた。

これはたぶん、親になって、子供の行事を見守ることで、自分の子供時代を追体験しているからじゃないかなと、そう思った。すれ違う少年に重ねるように、親になると、無意識に自分の子供時代と重ねてしまうんだよ。

きっと、子供を育てるって、2つの人生を生きることだと思う。自分に叶ったこと、叶わなかったこと。いろんな想いをのせて、流れる笹舟のように。

僕がそういうと、シングルマザーのあの子は「じゃあ、そこらへんの子供でももらってきたら?」なんて言うんだ。

だから僕はこう言い返してやった。

「子育てはそんな甘いもんじゃない」