散るろぐ

こころふるえる感情メディア

ゲームに夢中で彼女を無視する行為


今朝、スマホを見ていたら、ポケモンgoにハマってしまった夫が、妻を放って、大切な記念日の約束まで破ってしまったという、胸が痛くなる記事を読んだ。

朝っぱらから、そんな話するなよ、と思ったのだけど、タイムスタンプを見ると、きのうの深夜に投稿されたようで、余計に切ない気持ちになってしまった。

じつは僕も、くだんの夫とおなじく、大航海時代Ⅴというゲームアプリに夢中で、彼女と一緒にいるときも、常にアプリを起動して画面をチェックしている。

「ご飯できたよ。早く食べないと冷めるよ」

そんな声を遠くに聞きながら、つぎのフェーズを待機していると、とつぜん背中を、足でドンッ!と踏まれて、ギャフンという声がリアルに出てしまった。

しぶしぶ食卓のイスに座って、アサリのお味噌汁に口をつけるのだけど、視線は左手には持ったスマホから片時も離れない。右手に箸を持ち、サバの煮つけをほぐしつつ、テーブルのうえのスマホをタップする。

お行儀がわるいかな、と思って、彼女の方を見ると、もうベッドへ横になってテレビを見ていた。よかった。いや、よくない。

でも、安心した僕は、なにかよくわからないご飯を、箸でせっせと口へ運びながら、スマホ画面を操作している。

このゲームは、本当にやることが多い。行動力が時とともに回復するのだけど、満タンになるとカンストしてしまう。つまり、行動力が上限になったとき、なにも行動しないと、行動力をムダにロストしてしまうんだ。それだけは絶対に避けたい。

港を船で移動すると、発掘ポイントが貯まる。発掘ポイントは、遺跡を発掘するためのポイントで、これは移動しないと貯まらない。ただし、無闇に港を移動するだけでは効率がわるいので、交易品を船に積み、移動先の港で売買する。

すると、発掘ポイントを貯めながら、交易による利益も発生するので、限られた行動力を有効に活用できる。ただし、同じ港から、同じ港へ交易を繰り返すと、利幅が薄れてうまみが無くなってしまう。

従って、前回立ち寄った港を記憶しておいて、次は別の港へ運ばなければならない。このとき、ついでに「ダブリンへ手紙を届ける」や「ロンドンへチーズを届ける」などのクエストも請け負えるため、それも同時にこなすと、名声が二倍手に入るので、それも踏まえながら、移動ルートを再構築する。

ルートには最短距離があるのだけど、ここで忘れてはいけないのが、海図変更である。大航海時代Ⅴには、ジュエルによって、地形を変更できるオプションがついているので、ルートの最短距離にゆらぎが生まれる。

さらに海図を変更すると、出現する港が微妙に変化するので、請け負ったクエストが実行可能か再考する必要がある。これを忘れると、せっかく移動したのにクエストが完遂できない、という悲劇に見舞われるのだ。

したがって、慣れないうちは、海域変更を頻繁にするのはおすすめしない。さっきジュエルと言ったけど、海域変更に必要なのはラピスラズリだった。

ジュエルは、課金するか、特定の条件をクリアしたときに入手できるレアなアイテムで、ムダに消費してはいけない。一方でラピスラズリは、入手率はジュエルと同等でありながら、ゲーム内で催されるイベントで大量にバラまかれている。

つまり、ラピスラズリを手に入れるためにジュエルを使うのは本末転倒であるから、ジュエルは、SR航海士のゲットや、船の設計図を得るために温存し、その他の消耗アイテムは、資金で調達するのが望ましい。間違っても、つるはしや曳航ロープに交換すべきではないんだ。

さっき、SR航海士と言ったけど、大航海時代Ⅴでは、航海士のステータスがすべてにおいて優先されると言って過言ではない。航海士にはランクがあり、N、NR、HR、SR、SSR、UR、さらに、それぞれに+、++の要素が追加されていく。

これらは、エサカードと呼ばれるNを付与することによって、徐々にレベルが上がり、ランクアップしていく。ただし、ひとつの親カードは3回までしかランクアップできないという縛りがあるため、無作為にエサカードを付与しても強いカード(航海士)にはならない。

しかし、SRカードを育てるには膨大なエサカードが必要になるため、ゲーム序盤はNRを育てるのがいいだろう。ただし、闇雲にNRへエサカードを与えてはいけない。前述したが、親カードのランクアップは3回までだ。つまり、3回までにNRをHRへ育てるには、NR(lv40)+NR、の組み合わせを2枚育成し、NR+(lv50)とNR+を合成すると、晴れてHR航海士が誕生するのだ!同様の手法でSSRも手に入れることができる。

これはまだ、大航海時代Ⅴの基本仕様の一部で、すべて説明するには、あと30万文字くらい必要になる。

そんな感じで、近ごろすごく忙しいんだよ。

おっと、また行動力が回復してきたよ。

早くイベント海域に行かなきゃ。

今日はここまで。