散るろぐ

こころふるえる感情メディア

ライティング廃業のお知らせ

今日は、悲しいお知らせがあるよ。

実は、もう、ライティングというか、寄稿をやめたよ。過去にいくつか書かせてもらって、やってきたけど、僕には向いてないって気づいたんだ。

そもそも、寄稿って、相手のあることだから、僕が踏みこんではいけない領域だったんだよ。

このブログをウォッチしてる人なら、知ってると思うけど、僕は読者の期待に応えるのが絶望的に苦手なんだ。

だから、たまに良いこと書いて、最初だけちょっとファンになってもらえても、すぐに見限られる。一度、いいねと言ってもらえたのに、やっぱり違ったと離れていく。

僕がブレずに良い人を演じられたら、繋ぎとめられたかもしれない糸が、ふっつり切れてしまう。僕の本性があばかれるんだ。ここで僕は、僕であり続けているだけなのに。

だから、初めにいいねと言われても、それは終わりの始まりでしかなくて、きっと僕は、君の期待を裏切ってしまって、君は背を向けてここから去っていく。


そんな僕に、寄稿なんて、ちゃんちゃらおかしいよ。自分では、チルドをうまく演じているつもりだったけど、これが僕の、素の姿なんだ。みんなが離れていく醜いモンスターこそ、僕の本当の姿なんだよ。

寄稿は、そんなモンスターとは対極にあるステージなんだ。僕はそこに、虚栄心をぱんぱんに膨らませて立とうとした。だからバチが当たったんだよ。

僕はもう、この小屋からいっぽも出ない。