散るろぐ

こころふるえる感情メディア

グルメ漫画の気まずさ

ここ数年、そこらへんの食堂で「ハフッ!ホフ!ハホフハフフハフ!」とかってやってる漫画が増えた。

だけど、そんなに美味しいワケないんだよ。

僕も食品にかかわる仕事をしてるから、街の定食屋さんがマズいって言いたいんじゃなくて、使える食材に限界があるってこと。

だいたい、売価1000円とすると、原価は300円くらいじゃないと厳しい。(600円だったら200円)

一食、300円の原価で、どのレベルの食材を使えるか、考えてほしい。

それを、どれだけ工夫して、どうやって美味しく食べてもらえるか、だいたい、それを基本にやってるんだよ。

お店だって、この食材じゃなくてコッチ使った方が絶対に美味しいって知ってるけど、それだと売価が高くなり過ぎるから、1ランク下を使うの。

それを、狂ったように「ウマい!ウマい!」って言ってる。それはそれで、嬉しいけれど、そうじゃないんだけどなぁ、という思いがある。

もちろん、材料は安くても、工夫はしてるし手間もかけているから、評価してもらえるのは感謝。だけど、それは最高の一品じゃない。

それをあたかも、至高みたいに表現されると居心地がわるくって、ほめ殺しみたいになる。

経済的に考えると、誰もがいつも一流の料理を食べれるワケじゃないから、僕たちの仕事も社会の役に立っている。それは間違いないのだけど、同時に、それが最高じゃないのも知っている。

できたら、最高を知った前提で、工夫や手間を評価してほしい。そうじゃないと、無知な客をダマしてるみたいじゃないか。

地方はともかく、都会なら、そこそこの金額を出せば、良い食材で作った料理を食べれるはずだから、もうちょっと文化レベル上げてほしい。

そういう意味で、あの手のグルメ漫画は苦手。


今日はそんなところ