散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

文章にかける思い

みんなは人生を、いや、文章とどんなふうに向き合っているのかな。僕は、注目されて自己顕示欲をみたしたい。ラクしてお金を稼ぎたい。あわよくばマッチングしたい。そんな動機で文章をずっと書いているんだ。だけどそれは、文章が本業ではないから。あくま…

はてな信徒

紀元前200年、荒野を旅したジェイコンドーが最果ての地に興したとされる古代の遺跡。ブログ派(旧ダイアリー派)ブクマカ派、ハイク派の3派が存在したが、ハイク派はのちに廃止される。信徒はみな昼夜を問わずAnonymousdiaryと呼ばれる台帳へ各々の罪を記帳…

なぜスマホゲームは流行るのか?

たとえば、引きこもちゃったおじさんがいたとして、女の子が「遊びにいこう」って誘ってくれたら、きっとおもてに出られるんだ。たとえば、僕らが好きな子に好意を伝えたとして、それを聞いた彼女たちは、とたんに目を細めて「もしもわたしが承諾したとして…

誰も見てなくたって更新できらぁ

ブログ、ほとんど書かなくなったのに、たまにログインすると、誰かの痕跡が残っていて、見てくれた人がいるんだって、ちょっとスンとしたりする。太りすぎて去年のジインズが、もうはけなくなった。いや、ムリすれば入るけど、おなかと太ももギュウギュウで…

プラ活はじまるよー

おひさしぶりです。終わっているジョン・スノウです。お元気ですか…?実は、ことし44才になるんですが、僕の給料って、ボーナス無しで手取り15万なんすよ。年収だと200万ちょいです。これは、もしかしたら、今年卒業して就職した子たちより、少ないか…

甥っ子9才になる

こんにちは。ペイペイ使えるジョン・スノウです。タイトルどおりなんですが、僕の姉の子供、つまり僕の甥っこが、なんと9才になっていました。そういや最近会ってなかったなー、と思った矢先で、もう小学4年生ですよ。棒立ちで人生を過ごしていたって、世…

あの1000万円は、その後どうなったのか

こんにちは。なにも知らないジョン・スノウです。それはさておき、今日はお金の話。むかし「いつの間にか1000万貯まってた」って言ったけど、あれから4年経って、どうなったかを教えるよ。 結論から言うと、1200万円になった。4年で200万しか増…

思考のミニマリズム

さっき気がついたんだけど、僕たちの住む世界は、本当に良くできたウソでできている。働いた価値は、都合よく金貨で薄められ、笛吹きはみんなを笑顔にして、自分の利益を最大化している。そんな欺瞞に気づいた人々は、モノを捨て本当に必要なモノだけで生活…

インターネットの時代だよ

そっちの世界は晴れてるかな。こっちは過ごしやすい陽気だよ。あざやかな芝生にねころんで彼女とランチできるくらい。芝生も彼女もないけれど。うん。また書いてるんだ。性懲りもなく。実は、僕にとって文章は、プラスでもマイナスでもないけれど、ちょっと…

久しぶりの更新

僕は、今、文章を書いている。最後に書いたのがいつだったのか、もう忘れてしまうくらい久しぶりだから、イマイチ現実味に欠けるというか、雲の上を歩いている感覚がある。はじめて月面をあるいたときも、こんな気分だったのかな。久しぶりだからと言って、…

もしも時給が上がるなら

時給1000円に悲鳴をあげる者がいるという。いったいどこの誰が、こんな夜更けに悲しみの鳴笛を漏らしているんだろう。もしも時給が増えたなら、僕は嬉しくて笑うから、叫んでいるのは払う人たちと想像してみた。でも、払うのは強者なのに、殴っている支配者…

僕の給料が少なすぎる

高校を卒業したあの日「ビックになろうぜ」と肩パンチしながら、縁を切ったアイツらは、今ごろ、どこでなにしてるんだろう。できらぁ、とばかりに、社会の荒波に飛びだして、はや25年。いろんな事があったけど、ナニモノにもなれなかったなあ、なんて思いな…

結婚に夢見すぎ「アンタの稼ぎが悪いからパートなんかしなきゃならないのよ!」

「結婚は現実だ」なんて、物知り顔のおじさんには言うけれど、今日は僕も、それをまざまざと実感したから書いていくよ。ところで、巷(ちまた)では、40歳を過ぎて結婚してない男は、人格障害なんだって。だから、僕も、性格や精神が異常なのかもって、心配…

沸騰した怒りを一瞬で冷ます方法

今年で43歳になる僕です。こんにちは。実は僕、たまに人から「見た目が優しそう。怒ったりすることある?」と、言われます。自分で言うのもなんですが、僕は、本当に優しい人間です。人の嫌がることはしませんし、誰かが寂しそうにしていたら、そっと声をか…

休日の過ごし方

祝日の夜って、なんだか退屈。いつもと違うテレビ番組と、余った時間が静かに通りすぎていく。ネットのニュースを見ても、興味を引くような記事はなくて、はてなのブックマークを見ても、悲しいほどしょうもないPRと、意味のわからない話題ばかり。そんなの…