散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

クレジットカードの恐怖。僕がいつの間にかスーパーホワイトになっていた話

こんちは。スーパーホワイトのチルドです。

じつは僕、気がついたらスーパーホワイトになっていました。もっと早く気がつけば、スーパーホワイトにならずにすんだのですが、なってしまった物はしょうがありませんよね…。

そこで今日は、恐るべき「スーパーホワイト」のデメリットについて、お話しようと思います。

スーパーホワイトを知った経緯

f:id:cild:20160210111617p:plain

先日、僕はワンルームマンションを借りました。月々のお家賃が3万5千円という、ささやかな1Kの一人暮らしです。

借りるにあたって、とうぜん審査がありました。マンションの大家さん(管理会社)からすると、僕に家賃を踏みたおされたら困りますからね。

しかし、僕は、借金もありませんし、借金をしたこともありません。ちなみに銀行の通帳には1千万の預金があります。かつて、これほど信用の高い40歳独身童貞が存在したでしょうか。

僕は絶対の自信を持って審査に挑みました。

審査を無事通過

審査は無事通過しました。当然の結果ですね。

ところが、不動産屋さんが、やけに厳しいのです。保証人は「自筆で絶対に実印と印鑑証明がいりますからね」と、念押しされました。

僕はそうゆう物かと思い、さっそく姉に実印を押してもらいに行きました。

すると、どうでしょう。

「えー!アタシそんなのいらなかったよ」

ウソ!

僕は愕然としました。

そう言えば、姉がマンションに引っ越たとき、僕が保証人なったのですが、実印どころか、署名もした記憶がありません。

つまり、姉と僕は、同じ条件でマンションを借りたのに、不動産屋からは、姉より僕の方が信用が低いと判断されたのです!

質素な暮らしをしてきた僕。

カードでバンバン買いものする浪費家の姉。

一体、どちらの信用が高いのでしょう?

姉とは一歳しか違いませんし、年収もほぼ同じです。身長は僕の方が高いくらいです。

しかし、そこには大きな罠があったのです。

スーパーホワイトの罠

f:id:cild:20160505203205p:plain

賃貸物件を借りるときの審査は、具体的には、カード会社が借りる人を調べます。

それが、過去のクレジットカード利用履歴をあらわすクレジットカードヒストリー(通称クレヒス)です。

ところが、僕は、二十歳からの四十歳までの20年間、一切クレジットカードを作らずに暮らして来ました。

するとどうでしょう。

クレヒスがまっさらなスーパーホワイトな僕が誕生したのです。

綺麗な白は消した白と見分けがつかない

どういう事かというと、クレジットカードのリストには、ブラックがありますよね。支払いが遅れたりするとブラックという不名誉な称号を与えられてしまいます。

しかし、そこからさらに、自己破産まで進化すると、今度はホワイトになるんです。自己破産でリセットされ、まっさらになったクレヒス。それがホワイトです。

  • クレジットカードを持ってなかったスーパーホワイトの僕。
  • 自己破産してホワイトになったアイツ。

どちらもクレヒスはまっさらです。

真っ白なキャンバスです。

つまり、クレヒスが無いというのは、自己破産してリセットしたのか、作ってなくて利用歴が無いのか、区別がつかないってことなんです!

クレヒスが無いというのは、それだけで信用に重大なリスクがあると判断されてしまうんですよ!

冒険の書を作ろう

f:id:cild:20160210111547p:plain

もしかしたら僕は、クレヒスが無いために、知らず知らずに信用を落としていたのかもしれません。

そのせいで、部屋を借りるのに余分なお金や、ややこしい手続きが増えてしまったのかもしれませんね…。

いちがいに、クレヒスのせいとは言えませんが、その可能性は大きいでしょう。そうならないためにも、クレジットカードを作って、人並みのクレヒスを持つことは、これからの社会では必要なことなのかもしれません。

クレヒスは、言い換えれば、僕たちの人生の「冒険の書」なのです。

これからのために

最後に「クレジットカードの読みもの」をご紹介しておきます。クレカ界のレジェンドと呼ばれる、カードミクス氏が運営する、良心的なカードサイトです。



僕は、相変わらずカードは持ちませんが、カード会社を経由した家賃の支払いが、僕の冒険の書に記録されていくことでしょう。

失われた空白の20年を埋めるために、コツコツと家賃を支払い、履歴(クレヒス)を積み重ねて行こうと思います。

クレジットカードの利用歴が無くて、スーパーホワイトになると、信用が落ちて不利益をこうむる可能性もあるよ…という話題でした。