散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

筒井康隆の旅のラゴスを読んだよ(ネタバレあり)

こんちは。チルドです。


旅のラゴス、みんなが絶賛するし、本屋でもオススメされていたから読んでみたよ。


いちおう、物語のあらすじをざっと説明すると、主人公のラゴスが旅をしながら、不思議な冒険をする。背景はSFだけど、恋愛あり、冒険あり、年代記もありの、小説の面白さがギュっと詰まった本。

僕の知っている本では、S・キングのダークタワーを想起させる世界観だけれど、ラゴスの方が舞台としては面白い。

SFらしく、瞬間移動や空中浮遊、憑依というような特殊能力も登場するんだけど、そのどれもが童話のような暗喩を含んでいて、それが物語に違和感なく溶けこんでいる。

その中で、僕が感銘を受けたのは、ラゴスがヒーローじゃないところ。

ラゴスは、なんでも解決できるヒーローじゃなく、謙虚で常識的な善人なんだよ。悪党に簡単に捕まるし、奴隷にもなったりする。巨万の富も栄光にも興味がなく、最愛の女性とも結ばれない。

でも、僕には、ラゴスがとても豊かな人生を歩んでいるように感じた。それは、ラゴスの旅が、人を傷つけること、人を利用することの虚しさを語っているから。

象徴的なのは、森番の老人、ドネルとのやりとり。ドネルにとっては、すでに手遅れだったけど、読者へは「人生を豊かにするのはキミ次第」という強いメッセージを突きつけてくる。

結局のところ、自分を支配するのは、自分自身でしかないんだよ。僕はラゴスの生き様から、そんなことを学んだ。

おすすめです。