散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

ずっとハイビームを楽しんでいた

車のハイビームって、やっぱり、迷惑というかキケンですよね…。

僕は、視力が悪く、夜間の運転は苦手です。とくに雨の日は光が反射して、道路の白線が見づらいので、ちょくちょくハイビームにしています。

でも、対向車はまぶしいだろうなと思って、なるべくハイビームにしないようには、気をつけていたんです。

ところが、いつかテレビを見ていたら「ハイビームの方が基本」とか言っていたんですよ。

それを見て僕は、「ずっとハイビームで走ってもいいの?そっちが正解なんだ!」とか思って、それから山道でも町中でも、とにかくどこでもハイビームにしました。

でも、やっぱり対向車とか歩いてる人が、めっちゃまぶしそうなんですよ。すれ違いざまに睨みつけてくるドライバーもいました。それには気づいていました。

でも、僕はまちがってないんです。

というか、ローで走ってるあっちが悪い。基本はハイですから。

それにハイビームは楽しい。反射板がキラキラして、愉快な気持ちになるんです。猫の目とかも光るんですよ。

そうなんです。

僕はハイビームによって相手の目がくらんだり、歩行者が「うわっ」てなるのを楽しんでいます。