散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

原因のひとつだけどすべてじゃない

なにかの幸運に恵まれたとき「日ごろの行いが良かったから」という言葉を耳にする。

この言葉、僕はあまり好きじゃなくて、同じように「日ごろの行いが悪かったから○○になった」というのも苦手だ。

もう、中学二年生じゃないから、いちいち反応はしないけれど、どこか遠く、心の深いところがザワザワしてしまう。

ある事柄に対して、因果関係を求めたくなるのは、人間の性なのかも知れないけど、それは起こった出来事の原因のひとつであって、全てじゃない。

タバコを吸うと肺ガンになる、という言葉もよく聞く。言った人は、タバコは有害だから止めましょうという、軽い啓蒙のつもりで言うのだと思うけれど、止めてほしい。

喫煙者の僕が、肺ガンになるのは、一向に構わないけれど、肺ガンの原因はタバコじゃない。大きな原因のひとつではあるけれど、全てじゃない。

ネットで調べればわかるように、身内を含めて、自分がタバコを一切の吸わなくても、肺ガンになってしまう人もいる。

その事実を無視して、タバコと肺ガンを強固に結びつけて、危機感を煽るような言動は、まさに「日ごろの行いが悪かったから○○になった」と、おなじニオイを感じてしまう。


副流煙を生むのは僕じゃない

「タバコなんで止めないの?」と聞かれたら、実は僕も被害者なんですよ、なんて戯けてみせるけど、半分はウソで半分は本当。

今の若い子は、想像がつかないと思うけど、昭和の時代は、オフィスでタバコを吸うのは常識だった。学校の職員室でさえ、机に灰皿があって、いくらでも吸っていた。

そんな環境におかれて、タバコはごく身近な趣向品という認識しかなかった。そして、ニコチンには中毒性もあった。

禁煙は日本中で叫ばれるのに、なんで禁止にならないんだろう。もう中毒になっているのに、手が届くところにあれば、吸ってしまうのは当たり前じゃないか。

禁煙を叫ぶまえに、禁止してよ。

周りに吸っている人がいなくなって、容易に手に入らなくて、法を犯すことになれば、僕は絶対にタバコを止められる。

嫌煙家のみなさん。

どうか、禁煙ではなく「禁止」を訴えてください。有害薬物の販売を黙認している政府を支持しないでください。そして、JTを完膚なきまでに叩き潰してください。副流煙を作っているのは僕じゃない。彼らなのです。


どうぞ、よろしくお願いします。