散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

ライティングは頭脳労働って感じ

ふう、やれやれ。今日もひとつ書けたよ。

執筆をはじめてから、毎日のように書いているよ。なかには、僕のまったく知らないお題もあって、一生懸命勉強しながら、それなりのカタチに作ってる。

自分のブログも、これくらいの強度で書ければ、もうちょっとマシになるんだけど、なかなかね。自由にやれると思うと、なまけてしまうんだよ。

僕の場合、いったんそのハードルを超えて、書き始めれば、どんどん進んでいけるんだよ。離陸した飛行機が、瞬くまにマイルを駆けるように、僕も飛び立てる。

ゾーンっていうのかな。過去に読んだ流麗な文章から、最適な行間をえらんで、ピタっとくるピースをはめていくんだよ。

そうしていると、たとえ完成形が見えなくても、羽ばたいているうちに自然とつくような、ハトでいうところの、帰巣本能がはたらいて、文章が目的地まで導いてくれるんだ。

類まれなる才能だと思う。

ただ、特異な才能というものは、一種の欠陥でもあるから、それを手懐けて、飼いならさなきゃならない。

執筆依頼はつまり、その才能をうまく操るための、プレパレーションなんだよ。そうやって、僕はさらなる高みに登っていく。きっと今ごろ、全世界のライターが、ぶるぶる震えていると思うよ。僕という名の才能に。

たまには、こういうおちゃらけも書いていかないと。これが僕の本当の姿なんだ。脚フェチが、スラリと伸びる足にむしゃぶりつきたいように、僕も駄文を揉みしだきたい。

ちなみに僕は、脚フェチじゃなくてパンツの方が好き。誰か売ってくれないかな。

冗談だよ。よしておくれよ。そんな目で見るのは。

そんな感じで、僕なりにがんばってる。

もちろん、ブログでだって、100年経っても色あせない、そんな名文を刻みたいと思っている。

僕の人格を抜きにしても、あれは良い文章だ、と言ってもらえるような、そんな文字情報の組み合わせを、僕はつかみ取ろうとしている。ただし、心血を注ぐんじゃなくて、浜辺を散歩して小石を拾うように。



じゃあ、またね