散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

僕はウナギがそんなに好きじゃない

タイトルのままだけど、僕はそんなにウナギが好きじゃない。

先に断っておくと、これから話すのは、僕の彼女に対する、ただの愚痴で、オチも面白さも、なにもないから注意してほしい。

f:id:cild:20171215004455p:plain

まず、ウナギ高いよね。

どうかしたら、1匹、3,000円くらいするもの。だからと言って、そんなに特別かというと、そうでもない。

そして、顔のところに骨がある。顔はのけて欲しいのに、必ずつけて出してくるんだよ。あれもちょっと気分が落ちてしまう。

冷静に考えたら、3,000円出すなら100グラム1,500円の和牛を200グラム買える。牛肉とウナギは別物って考えもあるし、僕もそう思う。

ただ、これから一生、牛肉が食べれなくて、ウナギしか食べられなくなったと考えてみてよ。

牛肉のみの生涯と、ウナギのみの生涯。

どちらが幸せか、ちょっと考えたらわかることだよね。

要は、程度の問題なんだ。

主に、牛肉や豚肉、あるいは鶏肉を食べていて、一年に一回か二回、ウナギを食べればいい。それが、バランス感覚というものなんだ。

それなのに、僕の彼女は、すぐにウナギを買ってしまう。3,000円が半額になっていたら買ってしまうし、鹿児島や宮崎産を 1,298円で見つけても買ってしまう。

いや、それは安くない。

そんなに何度も食べたくもない。

僕がウナギ好きだったらわかるけど、そんなに好きじゃないって、三十回くらい言っている。

それなのに、「またウナギ買ったの?」ってなる。

それに、外食でも頼もうとする。いや、ここのウナギ、絶対に美味しくないし、この前食べて不味いって思わなかったの?

というときも、頑なにウナギを注文して、正直ガッカリしてしまった。

それで食べたら、やっぱり不味かった。これって、素人が冷凍パックのウナギを温めてるだけだよね、という。

そしてまたウナギだよ。

思わず「ウナギってマズイよね」って言ってしまった。それも、すごく意地悪な感じで!

彼女はたぶん、学者が理論を証明したいように、ウナギの美味しさを証明しようとしている。だから、僕が美味しいと思うまで、あるいは、美味しいと僕が言うまで、絶対にあきらめる気がないんだ。

だけど、違うんだよ。ウナギはたまに食べるから良さが引き立つし、値段ほど美味しくもないから、他のものにして欲しいんだよ。

二十年も一緒にいて、こんなに分かり合えないなんて、僕らの愛って、僕らの共有した時間って、いったい何だったんだろう。

本気で、もうウナギは見たくないんだ。