散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

MeTooについて僕の見解を話すよ

f:id:cild:20171220105630p:plain
画像提供:https://ai-catcher.com

人生で大切なことは「調子の良いときに調子に乗りすぎない」ことである。

今、思いついた言葉だけど、あながち間違ってもいないと思う。それと言うのも3日前、すこぶる体調が良くて、普段より多めに運動したら、3日後に突然、腰や背中に張りが出て、さっき4枚湿布を貼ったところだから。

そんな感じで、歳を重ねると、身体にもガタがきて若いころのようには回復しない。自衛策としては、体調が良いときほど、何ごともほどほどにして、適度にブレーキをかけることなんだ。


今日、話したいのは、MeTooについて。「女性が過去に受けたセクハラやパワハラを勇気をもって告発する」という、ハリウッド発の世界的ムーヴメントなのだけど、これについて僕がジャッジしてみる。

そもそものところ、男性による、女性へのセクハラ、パワハラに、解決策なんてあるのかな。僕は無いと思うよ。女の子が欲しいというのは「3日食べないとお腹が空く」ってくらい、男性にとって根源的な欲求なんだ。

それは否定しないよね?

つまり君は、いつでも女の子が欲しいという事実を認めた。しかし、女の子はスマホアプリのように無料で配布されちゃいない。必ず、なんらかの対価を示さねばならないんだ。つまり、モテなければならない。

そして僕は、モテには、若さ、お金、地位、という3つが必要だと考えている。若さは夢を売り、お金は現実を買い、地位は安定を与える。だから、世の男性は、女性にモテるために、この3大要素を最大化しようと、日々努力しているんだよ。

一方で、女の子が社会進出を目論んだとき、男性は、女の子が欲しいという欲求を排除できると思う?

何度もいうけど、それはアリエナイよ。

サバンナに、右も左もわからない、若く可愛い野ウサギが闊歩していたら、狩られるのもやむなしという所じゃないかな。

むろん、倫理的には許されないし、ダマされた、嵌められた感は、拭い去れないと思う。ただ、それは、よほど暴力的ではない限り、拒否することができるんじゃないかな。

そんな話が通じないとしたら、残念ながらそのコミュニティは、根本的にそういう価値観で成り立っていると納得するしかない。アイドルが可愛くないとビジネスにならないように、ある種のサービス業には、そんな側面があるんじゃないかな。

今日言いたかったのはそれだけです。