散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

電気代が1年間でなんと1,770円!九州電力とlooopでんきの比較でわかった恐るべき節約力

f:id:cild:20180102104422p:plain


一昨年、僕の部屋の電気の契約を、looopでんきにチェンジしたという話しをしました。その続報です。



九州電力からlooopでんきへチェンジして14ヶ月がたちました。当初から安くなっているのは、お知らせしていたのですが、1年分のデータがとれたので、あらためてご報告します。


looopでんき、請求金額キャプチャ
f:id:cild:20180102104507p:plain
f:id:cild:20180102104521p:plain
http://looop.co.jp/sp.html


◆ looopでんき

合計料金:1770円
使用量:75kWh

こんな感じで、looopでんきは、1年間で1,770円となりました。シンプルに75kWhの使用量分ですね。


九州電力とlooopでんき比較

さて、これが、そのまま九州電力だったらどうでしょう。

◆ 九州電力(30アンペア)

料金:11,763円
内訳(基本料金 10,488円+使用量1,275円)

使用量:75kWh

looopでんきとの差額:9,993円


◆ 九州電力(10アンペアの場合)

料金:4,983
(3708円+1,275円)

looopでんきとの差額:3,213円


九州電力の料金表
f:id:cild:20180102104646p:plain
http://www.kyuden.co.jp/user_menu_plan_juryou-b.html

結論

僕が入居したときは、自動的に九州電力の30アンペアの契約だったので、ガッツリ1万円の差額が出ました。

もしも電力契約の知識がちょっとあって、10アンペアに変更したとしても、まだ3,213円の差額が出ています。

いやー、無知って、こんなにボラれるんですね。


ちなみに、水道料金は、2ヶ月分で3,300円(基本料金)です。つまり1滴も水を出さなくても、問答無用で年間2万円とられます。


公共インフラって、ブラックボックスですよ。電力は自由化されて、少しだけマシになったようです。

気をつけましょう。