散るろぐ

ここが僕のアナザースカイ

勝間和代が強すぎて

2017年のアフィリエイトブームも去り、はてなブログにも、ふたたび平穏な日々が戻ってきました。つるはしを売っていたアフィブロガーたちは村を去り、大陸で見つかったビットコインを掘りにいきました。

僕は、静かになった村の片隅で、庭のタンポポに水をあげていました。するとホッテントリの丘から5〜6人の村人が火だるまになって転がり落ちてきたのです。僕はあわててジョウロの水をかけ、なにがあったのか聞きました。

しかし、彼らはくわしい事情を話す間もなく、こと切れてしまいました。これはタダごとではないと感じ、僕は納屋の上がり框に立てかけた手斧とると、ホッテントリの丘へ向かったのです。


丘のふもとにたどり着くと、そこはもう火の海でした。天をつく火柱が何本もあがり、あたりは黒い煙に包まれ、草の焦げる匂いがしました。小川の土手に咲いた可憐なきんぽうげが無残に燻っています。

僕はふつふつと湧きおこる怒りに身をまかせ、全速力で丘を駆け上がりました。そこで見たのです。巨大な勝間和代が、はてなブログに馬乗りになって、雄叫びをあげながらドラミングしている姿を。その足下では、女こどものはてな民が、勝間和代のメルマガをむしゃむしゃと口に運んでいました。

僕は、手斧を振りあげ、巨大な勝間和代へ「写像ってなんですか!」と、叫びながら投げつけました。しかしそれは和代の屈強なシックスパックに弾かれ、乾いた音を立て砕け散ったのです。

騒ぎを聞きつけて集まった、一般はてな民も、つぎつぎと手斧を投げましたが、巨大化した勝間和代は、それをやすやすと吸収してしまいます。そして、親指シフトでキーボードをへし折り、口から生み出したロゴスを手で丸めて、次々と投下しました。それは2ヶ月で200エントリーに達し、はてなの原野をくまなく焼きつくしたのです。

僕は、その勢いに恐れおののき、ふもとへと逃げ帰ってきました。やっと平穏の訪れたはてなブログに、まさかあんな巨人があらわれるなんて…。年端もゆかないはてなブロガーは、もう勝間和代に感化されはじめています。

さっきも、幼いはてな女子が、僕の家の前を「シュガーフリー!シュガーフリー!」と、シュプレヒコールをあげながら通り過ぎていきました。はてなブログは、このまま勝間和代に支配されてしまうのでしょうか。勝間和代の独裁統治がはじまるのでしょうか。

僕はその様子を、ここから静かに見守るしかないのです。